2009/6/21

梅雨ー  複数

ジメーッとした一日で猫たちのテンションもひくい。
ななぼだけかまってくれモードが激しい。生粋の野良出身のこと違い、とにかく人を求める。
クリックすると元のサイズで表示します
甘えたいんですよー


いつでも里親募集中から、里親詐欺注意の警告がまわってきた。
・・・過去にプチポンにも譲渡希望で問い合わせがきていた人だ。もちろん、お断りはしたけど、何年も前なのにいまさらと言うか・・・

いろいろな所で、動物の里親募集やってる人たちは厳しすぎる、あれじゃあもらわれる範囲を狭めてる等言われてるのは十分承知しています。お問い合わせしていたただくほとんどの方が、悪意がない常識的な方だと思います。しかし、いわゆる社会的にはフツウと言われる人々が、処分のために保健所に持ち込んだり捨てたりするのです。

一口にかわいがる、最後まで面倒をみると言うのは簡単なことですが。
引越し、結婚、出産などライフステージの変化で手放す人がいかに多いか。
癒しを求めて暮らしても、こちらが思ったとおりに動くわけでもなく。病気もするし、お金もかかる。結婚相手が猫を嫌いかもしれないし、妊娠したら家族が反対する家もいまだに多い。何人もご相談がくる。すぐ引き取ってほしい、でなければ保健所に行くしかありませんと。最初はかわいくてしょうがない時期もあっただろうに、なんともやりきれなくなるわけで・・・

なので、お問い合わせくださった方に不躾とも思われる質問をしたり、厳しすぎると言われても譲れないのです。まぁ、うるさいなぁと思われた時点でご縁なんてないと思ってますが。なんてとりとめのないことを思ったいちにちでした。

クリックすると元のサイズで表示します
アタチにはわかんなーい
27
タグ:  里親募集 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ