2011/8/22

2ヵ月ぶりの…  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します
仮の名はエスパー


実は、6月後半から少しばかり調子を崩していたのだけれど、
2ヵ月ぶりに福島へ行った。

やはりどうしても気になるのが、
はくたちがいたところ。
まだ残るあの猫たちはどうしているだろうか。

たぶんもう…。

秋雨のような天候のなか、捕獲器に入っていたのは
猫ではなく犬だった。
こんなことがあるなんて。

個人でずっとレスキューを続けているMさんが
手際よく首輪にリードをかけてケージに移してくれた。

ありがたいことに、他団体の方々が餌やりをしてくれていた形跡が。

それに釣られて、このわんこが来て食べていたとして。
このわんこがこの場所からいなくなり、
その後もフードがなくなっていたとしたら
まだ猫はいるわけで。
偶然にもちょうど出会った猫おばさんが
様子をチェックしてくれると約束してくれた。

まだ、心残りがきれいに解決したわけではないけれど。

震災以降、ずっと心が晴れない日が続いているけれど、
何もしないでいるよりは、
少しでもできることをしたほうがいい。


クリックすると元のサイズで表示します


あちこち擦り傷をこさえ、わんともうんとも鳴かず
すっかり意気消沈していたわんこは、
ねこさま王国のありこさん、Mさん、Aさんが
にゃんだーガードまで搬送してくださった。

どうかよろしくお願いします。


今回、期せずして7年前、里親さんと歩いた道を偶然通りかかった。

あたりの変わりように、なんとも胸苦しいどうしようもない気持ちになった。

本当に、なんということが起きてしまったのか…。


*****



※現在、保護猫多数。一時預かりを募集中です!
お申し込みはこちらのフォームからお願いします


シェルター設立にご協力ください。


東日本大震災で被災したペットたちの情報はこちら!

アニマルファインダー


東北地震犬猫レスキュー.com


*****

←プチポンショッピング、ご利用ください!
収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームからお願いします

一時預かり希望はこちらのフォームからお願いします


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


8
タグ:  ペット 被災



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ