2011/9/12

先週末は…  複数

クリックすると元のサイズで表示します
あお♂ エイズ陽性 里親募集中


土・日曜、福島へ行ってきました。

被災動物レスキューをがんばるねこさま王国
活動に参加させてもらっています。

いくつかのチームのひとつに入り、猫4匹保護。
そのうち2匹は飼い主さんの依頼。
2匹は放浪中のガリガリちゃん。
逃げていくわけでもなく、飼い猫のようでした。

ほか、埼玉の一時預かりさんとともに
預かり猫の三毛ちゃんを仮設に入った飼い主さんのもとへお届け。
ご高齢の一人暮らしの女性は、三毛ちゃんと再会を果たして
とてもとても喜んでました。

よかった。

同じ仮設エリアには、猫3匹を取り戻した
以前のエントリにも書いたKさんがいました。

思いがけない再会に、Kさんも私も大喜び。

狭い室内に工夫を凝らして猫部屋を作り、
猫も人も快適に暮らしているようでした。
床から天井までの仕切り部屋の中に、
キャットウオーク(棚)と柱をしつらえて。
(息子さんの知り合いの大工さんによるもの)

ちびちゃんがどこかに隠れてしまったけれど、
ななちゃんとみいちゃんは棚に身を寄せていて。
ふっくらとして毛づやも良くなり。

本当によかった。


先週金曜は偶然、保護チラシの連絡先のケータイ番号を
控えていたという男性から電話。
仕事で津波被災地域の南相馬市小高区浦尻に行ったところ、
漁の網に生後2ヵ月くらいの子犬がからまっていた。
周囲に母犬の姿はない。子犬も1匹だけ。
保護してもらえないだろうか。

すでに南相馬に来ていたねこさま王国のありこさんに相談したところ、
すぐに対応してくれた。

犬班Aさんの連携もあり、
子犬は先日のハスキーMIXと同じく、仙台の動物病院へ。
2ヵ月より幼いのではという子犬は状態が厳しく、
ウジがわいていたそうだ…。
こちらは、預かりの動物病院で里親探しをしてくださるそう。

よかった。


いろいろな人が連携して、
被災動物のために力を注いでいる。
そうしたことにほんのちょっぴり
加われることがありがたい。


けれど。

現状は厳しさを増すばかり…。




*****



※現在、保護猫多数。一時預かりを募集中です!
お申し込みはこちらのフォームからお願いします


シェルター設立にご協力ください。


東日本大震災で被災したペットたちの情報はこちら!

アニマルファインダー


東北地震犬猫レスキュー.com


*****

←プチポンショッピング、ご利用ください!
収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームからお願いします

一時預かり希望はこちらのフォームからお願いします


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


24
タグ:  里親募集 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ