2011/9/19

敬老の日  福島の猫たち

先週金曜日、仙台のアレックス動物病院へ行ってきました。

こちらに、犬班Aさんが保護したハスキーMIXを預かっていただいており、
そのわんこのお迎えに。

こちらの病院には、以前書いた
漁の網に引っかかっていた子犬も入院治療中。
仕事のため立ち入りしていたおじさんたち、
ねこさま王国のありこさんたちの連携により救われた小さな命。

この日会うのが、私は初めて。

クリックすると元のサイズで表示します
仮の名前はリズちゃん。女の子


クリックすると元のサイズで表示します
皮膚の壊死があり、お洋服を着せてもらっていました


病院スタッフの献身的な介護により
元気にすくすく成長中。

永久歯になっていることから生後3〜4ヵ月くらいとのことでしたが、
体重は900グラムちょっと。
(保護時は700グラムちょっと)

生まれて、保護されるまで
ほとんど人の手に触れることなく育った命。
今はたくさんたくさん触れられて、
子犬らしい愛らしさにあふれていました。

がんばれ。

アレックス動物病院は、東北被災動物保護活動に参加する病院のひとつ。
待合室には活動PVやホストファミリー募集チラシなどが
貼られていました。

すごいなあ。
岩手からは参加病院がなく、残念。
こういうの、初めてみましたよ。

ちょうどこの日はにゃんこはうすから13匹、
ワクチン接種と去勢手術のため、Aさんが搬送、落ち合いました。

※にゃんこはうすではボランティアスタッフ募集中です!



いい犬だ!とスタッフからたくさんかわいがられたわんこ。
リズちゃんと対面して、よだれをダラダラ流してました(笑)。

そして、わんこのホストファミリーになってくれる友人宅へ。

クリックすると元のサイズで表示します
対面


2年前に愛犬 寅次郎くんを亡くして以来の
久しぶりの犬といる暮らしを
どうぞ満喫してください! よろしくね。

わんこの名前は「紋次郎」くんになりました。
その様子はこちらでご覧になれます。


*****

震災から半年以上が過ぎて。

いまだ、福島の警戒区域内でのペットレスキューは
はかばかしくありません。

まだ生きているのに。


全国で4世帯のうち1世帯はペットと暮らすといわれているのに。

もし、これが自分のペットだったら…?

声を国に届ける署名があります。
こちら
ご賛同いただけたら嬉しいです。

一人ひとりの声は小さいかもしれないけれど、
集まれば必ず届くと信じて。

どうか、どうか警戒区域内の彼らがレスキューされますように。

どうか、間に合いますように。

飼い主さんやみんなの声が届きますように。

*****



※現在、保護猫多数。一時預かりを募集中です!
お申し込みはこちらのフォームからお願いします


シェルター設立にご協力ください。


東日本大震災で被災したペットたちの情報はこちら!

アニマルファインダー


東北地震犬猫レスキュー.com


*****

←プチポンショッピング、ご利用ください!
収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームからお願いします

一時預かり希望はこちらのフォームからお願いします


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


9
タグ:  ペット 被災



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ