2011/10/5

ななぼ  ななぼ

クリックすると元のサイズで表示します
2年前の10月のある日



福島の被災猫へのお問い合わせ、ご支援のお申し出、ありがとうございます。

いただいたメールには返信をすべて出しております。
届いていないという方は、お手数ですがご連絡くださると助かります。

*****

パソコン大不調。
とうとう、タワー部分の生命線からおかしな音が。
いかれたファンの音というか、やかましい…。

たぶん、この音がピタリと止まり、ふっと画面が黒くなって…。
恐ろしい〜〜。
2002年から使っているWindows XPなので、
いつどうにかなってもおかしくはないのかもしれないけど。

まいったな…。
というわけで、中にある画像をUSBに移し中。
懐かしい写真に目が留まった。

ーーーー

プチポンは2002年から、行き場のない猫たちの保護ケア、
里親探しをしています。
ほとんどが、いわゆる野良と呼ばれる猫たち。
なので、フレンドリーな猫たちはまれです。
(子猫は違うけど)

左から、ななぼ、トリノ。手前の黒いのはヒゲゾウ。
エイズキャリア組の部屋で、当時ほかに
ぜんちゃん、グレさん、こだまさんというメンバー。

09年春先からトリノが腎疾患になり、2010年1月に生を終え。
10年4月にグレさんが、
11年4月、グレさんと同じ日にぜんちゃんが永眠。

しばらくは、ななぼ、ヒゲゾウ、こだまさんと少人数だった部屋が
福島からやってきたお客さま、てっちゃんとあおが加わり。
(もうひとりのお客さまのつかさは実は、
お世話になっている病院のご厚意で預かってもらっています。
来週末、いよいよキャリア組部屋デビューになります)

今は、ななぼの調子が悪く。
毎日の輸液。

腎臓処方食よりは今は、銀のスプーン三ツ星プレミアムにはまり中。
肉より魚派で、昨日はゆでた黄金かれいを(ホメガオイルをうっすらまぶす)。

ご老体特有の、下半身にえくぼが出るみたいに痩せてしまったけれど。


賢者のまなざしを持つななぼ。

ずっと被災猫たちのことが優先順位が高くなってしまって、
輸液と投薬とごはん以外はあまりかまわなくなってしまって。
最近は、ふいっと向きを変えてこたつの中にもぐりこむようになった。

それが、昨日は。
私がそうしたのだったか、ななが望んだのか。
ずいぶん長い間、抱っこしていた。
ななもしがみついてきてゴロゴロと喉を鳴らす。
おろすのも忍びなく、抱っこしたまま洗濯機を回したり、
階段を上ったり。

ごめんね、ななぼ。

ありがとう。
ごめんなさい。
許してください。
愛しています。

ハワイのいにしえの知恵、ホ・オポノポノの言葉を
ななぼの耳元でしばらくつぶやいた。

ヴァンサンも。
ミレーユも。
ひばりも。
デールも。
ヒゲゾウも。

2006年からプチポンで保護暮らしをしている彼らは気づいている。
(デールは07年1月保護だけれど)
自分たちが後回しにされていることを。

ごめんね。
そして、ありがとう。
許してね。愛してる。

*****

ワクチン接種のため、3匹通院。

とも…4.8キロ
まみ…3.8キロ
ちゅん…3.75キロ

ほか点滴セット購入でこの日の医療費は1万7825円。

*****

しかし、相変わらずマイペースなのは、こだまさんだ。
こだまさん、すごい食欲。

こんなに被毛がつやつやに美しいこだまさんは初めてかも。
とてもきれいなキジトラにゃんこ。
目が合うと「こだまさん、すっごくかわいくなったねえ」と言う。

こだまさんは照れるわけでもなく、
フンッときびすを返して立ち去るのだ。

歯がほぼ抜けた(自分で抜いたり)のがよかったのか?
あれほど痛がっていた口内はいったいどうなっているのか。
経口投与も強制給餌も絶望的にできないバリバリの外猫の女王。

それがこんなに可愛らしくなるなんて。

何か天からご褒美をもらったみたいに、嬉しい。

たぶん、こんなふうにこれからも好調と不調のサイクルを繰り返すのだろうけど。

3週間近くほとんど食べなかったこだまさんの見事な復活が
ただただ嬉しい。

ありがとう。

*****







東北地震犬猫レスキュー.com








警戒区域に取り残された全動物の早期完全救出を求めるWeb嘆願署名

さようなら原発1000万人アクション

*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームからお願いします

一時預かり希望はこちらのフォームからお願いします


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


15
タグ:  里親募集 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ