2012/2/29

フーガ、サンクロウ通院  複数

今日は、サンクロウと…(この名前の由来は国道396号線で保護だからなのだ)
ずっと調子が悪いフーガの通院。多紀さんに行ってもらいました。

フーガ、1.8キロ…痩せすぎだなぁ。
ギリギリまで外で頑張ってもらって…と思っての保護だったけど、ギリギリすぎだったんだろうか。
かえってストレスだったのだろうかと。

病気のこがいると、いつも後悔と葛藤の連続なんですけどね。




妹が生まれる前なので、たぶん3歳ぐらいの時だったか。
コップの中でカタツムリを飼っていた。
飼っていたといっても、中に閉じ込めていただけなのだけど。

コップにくっついたまま殻に閉じこもり、ぜんぜん動かなくなったカタツムリ。
生きているのか確かめたくて…私は殻を割ってみた。
キュッと動いたカタツムリ。生きていたのに、私が殺してしまった。

記憶にある中の、初めてひどく後悔し、自己嫌悪という感情をもった瞬間だった。
何十年たっても忘れないものだ…

看取るつもりでいてもね。
なかなか、せっかくだからあとちょっと。
なんて思ってしまうのだよ。

********きゅうちゃん*******

鼻水が凄すぎるきゅうちゃん。
サヴァさんが、効くらしいというサプリを用意してくれた(きゅうちゃんは空蝉家で預中)
土曜日から飲んでます。リジンとチャーガ(何なのかとかと思ったらキノコらしい)
とりあえず、1か月飲ませてみようと思ってます。

まぁ、効けばラッキー程度に。
と思っていたら、今日は鼻水の出具合(?)が、見た目半分になっているではないか!

…気のせいかもしれませんが。
もしかしたら凄いかも(期待!) 要観察です。





*******ランネタ********

しつこく(笑)
今が花盛りなんで

クリックすると元のサイズで表示します
名護ラン


ちっこい苗から4年目で初めて咲いてくれました。
いい香りー

クリックすると元のサイズで表示します
2本も出た

*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


14
タグ:  里親募集 東北

2012/2/28

時の刻みを止めた町で…  福島の猫たち

先週末、福島へ行ってきました。

にゃんこはうすまで盛岡からは車で片道4時間足らず。
冬の高速道はおっかないので、深夜は避けて金曜夕方から向かいます。


土曜日。

あたりは一面、雪景色でした…。

北東北の岩手に住む者にとって、南東北の福島は「あったかい」のですが。
福島もこんなに降るんだ〜とびっくり。
(浜通りでこれほど降るのは珍しいのだそうですが)

なので。

この日は猫の姿はほとんど見かけず…。
黙々と、淡々と。給餌に回りました。限られた時間の間。


にゃんこはうすには現在、70匹近くの保護猫がいます。
年明け以降保護の猫たちはワクチンや不妊手術後、
がくりと免疫が落ち、風邪っぴき多数。
薬の投与、強制給餌といつにも増してケア管理に気を遣い、
時間がかかります…。

3人の常駐スタッフがケアする限界を超えています。

人なれ今ひとつの猫たちには必ず、一日のうち時間を決めて
ブランケットなどに包み込んでの「抱っこタイム」。
ていねいにブラッシングしたり、名前をたくさん呼んだりと、
コミュニケーションの仕方やこまやかなケアは見ていて本当にすごいと思います。


そうした状況下では保護枠はほとんどなく。
給餌に徹しようと決めた今回は捕獲器を車に積みませんでした。
衰弱した猫を見かけたりなどの緊急時に備えては、折り畳みケージを積みましたが。


そして。
できれば、あお・つかさ・ちゃとが保護された場所に行ってみたかった。
(このコたちは他団体による保護で、プチポンで預かったのでした)

まおさんの運転で、保護場所に向かってもらいました。


クリックすると元のサイズで表示します


津波がすぐそこまで来ていた場所だったことを、
行ってみて初めて知りました。

クリックすると元のサイズで表示します


なぎ倒されたビニールハウスの枠組み。
(写真に写る家は保護場所ではありません)

クリックすると元のサイズで表示します


この道の先には集落があったはず…。

クリックすると元のサイズで表示します


ひしゃげたガードレール。

あおたちは、海に近いところから高台のほうへ逃れてきたのか。
逃れたところも、地割れがすごかったです。

傾いた家。そのうち崩れ落ちてしまいそうな納屋。
削られた土地にかろうじて引っかかっているような家。

人間の営みの気配がまったくないところで、
息をひそめて生きている彼ら。

無情な2月の大雪でしたが、あちこちにたくさんの足跡がありました。

時を刻むのを止めてしまった場所で、生きていかなければいけないこと。
生を終える時を迎えるまで。

ここは…時が狂ってしまった町。

狂う…けもの偏に「王」というこの字は、
大げさに走り回る犬を表しているのだそうだけれど。
人がいないこの町で見かける犬たちは…。

こちらの気配に気づくと、一目散に逃げる。

この日見かけた茶色の小柄な犬も。
置いてきた食べ物で、少しでも飢えをしのげますように。


天候のせいもあってか、いつにも増して気が滅入る一日でした。

そんな気持ちを知るよしもなく。

にゃんこはうすの猫たちのぬくもりにほっと、
やっとほっとひと息つくことができました。

この日の夜は、ダブルキャリア部屋で就寝。

クリックすると元のサイズで表示します
ハリー


保護時から、このコの鳴き声は私は一度も聞いたことがありません。

静かな部屋。
というのは鳴き声がほとんどしないだけで(モニカだけが鳴くかな)、
ハリーはみーちゃんを従え取っ組み合いや駆けっこ。

しかし。

夜中と明け方の2回。
ケージの上からハリーは寝袋にくるまって寝ている私目がけてダイブしてくれたのでした…。
ハリー…なぜに……。

おやつの焼きカツオをあげなかったから…??

ダイブする猫というのは、私の中では「若い猫」というイメージがあり。
(うちの茶トラが2歳くらいまで、そうやって私を起こしていたのでした…)

ハリーももしかして3歳くらいなのかな…。

もしかしたら、ハリーがまずダイブしてみせ、
続いて子分のみーちゃんが真似をしたのかも。



クリックすると元のサイズで表示します


雪がやんだ翌朝。
それでもやはりあたりは寒くて。
夜明け前の幻想的な雪景色にしばし見とれました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


遠くの山並みも白いものをいただき。

けれど、美しい冬景色を背景に町はやはり時を止めたままで。

クリックすると元のサイズで表示します


道の先に見える犬も。
私たちに気づく前は、鼻面を地面に押し付けていました。
何か食べるものがあったのかどうか…。

このコもやはり、一目散に逃げていきました。


クリックすると元のサイズで表示します


牧場も雪景色。
牛たちの黒い姿が雪に浮かんでいました。

クリックすると元のサイズで表示します


「犬!?」と、私。
「熊!!」と、まおさん。

イノシシ一家がこちらを見て、慌てて道路を横切りました。
(まおさん撮影)

この日も、給餌、給餌、給餌。

まおさんが気になる場所に向かって。


焼き物の里。
なんてのんきに構えていたのですが。

行った場所は。

牛が全滅だったという畜舎。

ずっと放置されていたのがようやく先月、「片付いた」というその場所は。

マスクをしていても臭いが……。

死の臭い。


そんな場所に。

猫たちがいました。

風邪で目が半分閉じていたキジトラと、
後ろ姿だけ見せて隠れたシャムミックス。


どんなにか、怖かっただろう。

こうした状況でも、生きていてくれて。


私たちは、人間は、彼らにどうすればいいのだろう。

想像もつかない飢えに苦しみ、絶命した牛たちと
そうした光景を見ながらも生きている猫たちと。

そこで見かけたのは2匹だけでしたが、雪の上にはたくさんの足跡が残されていました。


狂っている。


クリックすると元のサイズで表示します


時を戻すこともできなければ。

クリックすると元のサイズで表示します


時を進めることもできないでいる町。

クリックすると元のサイズで表示します


それでも。

春になれば桜は咲くのだろう。


今回は、私にとってはこれまでで一番、「死」を感じたレスキューでした。

いつも回る道から一本隔てた場所を回ったら。

少なくとも10個の鳥かごが見えたところがあって。
小鳥たちの無残ななきがらが塵のようにかごにへばりついていました。

国道沿いには、先週あった牛のなきがらがまだ、ブルーシートをかけられたままありました。
おそらく、車にはねられたのでしょう。

イタチのなきがらもあって。
それ以上車に轢かれないよう、まおさんがペットシーツに包んで道のわきへ移しました。


命あるものにたいして、人間が人間として果たさなくてはいけない務めというのがあるならば。

時が止まってしまったこの町で、私たちができることは……。


依頼主の許可を得て、シャッター倉庫の中に置いた給餌器にフードを補充しようとして。

なぜかいつも、シャッターが全開になっている。

その都度、猫が入り込めるくらいの隙間を作ってシャッターは下ろしているのだけれど。


3巡目の一時帰宅をした人に聞き、謎は解けました。

牛が。

キャットフードを食べようとして、牛が鼻面でシャッターをこじ開けているのを見たのだそう。


生きていくために。

命果てるまで、生きるために。
飢えをしのぐために。


なぜ、人間はあらゆる叡智を集めてこの狂った現実に取り組もうとしないのか。

もう。

期待する気持ちもなくなってきたし。


できることを、淡々と。

耐えられないと思う現実と悲劇を目の当たりにしても、心が壊れないように。

これから起きることにも動じないように。


通りかかった家の前で、冬の淡い日差しのなか、茶色の長毛猫がひなたぼっこをしていました。
こちらに気づくとすぐに隠れてしまいましたが。

このコと、あのどうしようもない臭いが染みついた畜舎で生きるあの猫たちと。

置かれた状況の下、生きている。

いつまで?


最近は、レスキュー関係のブログを読むのはちょっとしんどくて見ないようになってしまいましたが。

名古屋で太田康介さんの写真展が開催されたそうです。
(気づくの遅すぎ…)

3月2日には、太田さんの写真集が発売されます。


一人でも多くの人に、知ってもらいたい。

そして、私たち一人ひとりの声が届き、大きなうねりとなって
この状況を少しでもいい方向に動かすことができたら。

心の底でほんのわずかな「希望」を灯しながら、できることを尽くしたい。

そう思います。



クリックすると元のサイズで表示します


にゃんこはうすにて。

左は飼い主さんからの預かり猫くん。
右は今月保護のサスケくん。

クリックすると元のサイズで表示します
ミニーちゃん


今回のレスキューで保護した、唯一の子。

詳しくはありこさんのブログをぜひご覧ください。

保護したばかりは肩に力が入って緊張気味だったのが。

クリックすると元のサイズで表示します


翌日はずいぶんくつろいで。

首輪を付けていた、小柄な女の子。


サスケくんとミニーちゃんを仙台のアレックス動物病院へ搬送し、
前の週保護の茶白長毛氏とキジトラ氏を退院させ、盛岡へ。


いろいろ。本当にいろいろありますが。


今週末も頑張ります。


いつも応援、ご支援ありがとうございます。

感謝をこめて。





*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


23
タグ:  ペット 被災

2012/2/27

サンクロウ通院  複数

25日土曜日は、多紀さん保護の白茶猫を、健康診断に連れて行きました。

命名 サンクロウ

よく鳴くこなので、触れるだろうな、と思ったら案の定何されても平気。
しかし車の中で騒ぐ騒ぐ。半分悲鳴のような声出してました。
そりゃ怖いよね。

パッと見た感じとはうらはらに、背骨もあばらもゴリゴリ浮き出ていて。
民家がないコンビニにいたそうだけど(しかしコンビニ出身は、デール、アージもなのだ)。

推定年齢 1.5〜2歳 ♂
体重 3.95キロ

クリックすると元のサイズで表示します
お耳のチェック中


耳ダニはいませんでしたが。
マンソン条虫が大量にいるそうで…

クリックすると元のサイズで表示します
ん〜、めんこい!


通院前に気づいていましたが、尾の付け根に怪我。

クリックすると元のサイズで表示します


バリカンで毛を刈られ、膿をだしてもらいました。
痛がって、大暴れー

また通院の日々です。

ウイルス検査は、どちらもマイナスでした。



********ランネタ*************

クリックすると元のサイズで表示します
胡蝶蘭 桜子


これは、サヴァさんから頂いた株。
サヴァさん行きつけの花屋さんは、花後の捨て値価格を狙うライバルがいるそうで(笑)
去年2回も咲いたので、今年は休むかなと思ったら立派に咲いてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


こんなふうに、天井からぶらさげて栽培しています。
*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


22
タグ:  里親募集 東北

2012/2/26

手術完了  複数

ひどかった脚の怪我も治り、アージ♀は、金曜日に不妊手術を受けました。

それとともに、以前の倉庫の隔離部屋から、いよいよひばり達のいるお部屋へ移動。
ここで本格的な家猫修行が始まる予定です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日で術後2日目になるのに、何も食べてくれないアージ。
美味しそうなものを工夫してはみるのだけれど。
そろそろ食べてね…

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは食欲満帆のヒト。
(デール)



*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


13
タグ: 東北  里親募集

2012/2/25

水平思考  その他

ケージでのんびり静養してもらっているフーガ♀。

足腰が少し弱っていて、上下運動が苦手です。
ともすれば二段ケージの上段のベッドに籠もり勝ち。

そこで空蝉さんが考えた。

二段ケージを倒して使う!!

クリックすると元のサイズで表示します

ひろびろ〜
クリックすると元のサイズで表示します

トイレとの間にも仕切りがあるし。
クリックすると元のサイズで表示します

フーガもご満悦。

移動できるので運動もつき、イイ感じです。

まさに水平思考だね!


*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


19
タグ:  里親募集 東北

2012/2/23

沿岸へ…そして。  複数

先々週貼った捜索猫のチラシを見て、白猫を見かけたと電話をいただきました。

さらに。

飼い主さんが先週末、沿岸被災地の山田町へおじいさんの一周忌の法事で行った際、
お宅の猫は生きてるよと近所の人に言われ。
張り切って捜したけれど、見つからなかったそう。

天気が悪かったけれど今週は今日しか都合がつかず、行ってきました。

置き餌には食べた跡が。

ひたすら待つ。待つ。待つ。

けれど今日は見つかりませんでした。

おじいさんは津波で流されたそうで。

あたりは本当に何もなくて。

基礎だけがかろうじて残っていて、根こそぎ持って行かれたところに。

猫が、もとの家のあたりで明らかに野良猫とは違う様子でうろうろしていたと。

クリックすると元のサイズで表示します


見つかりますように。


同じ県内でも、内陸の盛岡から沿岸・山田町はけっこう距離があります。
片道110キロ近く。

雪道の山道は…飯舘村12号線より怖かったかも。
距離がありすぎる。

新幹線で黙って東京へ行くほうがはるかに近いという…。

帰り道は急峻で悪路の106号を行く気になれず、
釜石を通って遠野→花巻396号を…と進路を取ったものの。
渋滞で釜石を出るだけで相当時間がかかり。

ほっと花巻でひと息ついたときは21時近く。

そうして……。

放浪の跡が残る白茶猫氏を保護してしまいました…。

クリックすると元のサイズで表示します



明日は、アージの不妊手術。


真新しい羽根のおもちゃ、「ダバード」に大喜びのヴァンサン、ひばり、ミレーユ、デール。

久々にコンデジで動画を撮ってみたり。

で、明日の午後から怒涛の福島行き。

運転、気をつけなくちゃ。

*****

本日のにゃんこはうすは、「キャラメル」嬢。

クリックすると元のサイズで表示します


キリリと吊り上がったアーモンドアイも。
Po。ちゃんに撫でてもらってくるんくるん。

クリックすると元のサイズで表示します
キャラデブじゃないもん


人が座っておしゃべりしていると、あちこちから
なつっこい猫たちが現れて膝にのったり寄り添ったり。
キャラメル。
預かりのメダルちゃん。
預かりのみなこ。
トマト。

みんな、人恋しいのね…。


キャラメル、一時預かりさん大募集中です!

お問い合わせは ariko602@yahoo.co.jp まで。



明日の朝、ちゃんと起きられますように。
7時間睡眠を確保しないとダメダメなロングスリーパー。
最近、睡眠時間が足りずに眠くて眠くて。

調べたら、6〜9時間睡眠はバリュアブルスリーパーといって、
普通なのだそう。

4時間がショートスリーパー(短眠者)。
12時間がロングスリーパー(長眠者)。

よかった、普通で。


*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


18
タグ:  里親募集 東北

2012/2/20

お届け日和♪  福島の猫たち

報告がすっかり遅れてしまいましたが…。
(すみません

日曜は、福島猫3匹のお届けでした。


まずは、アイさんとふたりでむぎちゃんを預かってくださる方のところへ。

車の中でもそうでしたが、むぎちゃんは堂々としたもの。

クリックすると元のサイズで表示します


抱っこされつつ、あたりが気になって仕方ない〜。

クリックすると元のサイズで表示します


でも、食べるものはしっかり食べないとね。

名前はそのまま「むぎ」ちゃんで。

女の子らしいからと、ホストファミリーさん。


去年の5月から。

ほとんどケージ暮らしだったむぎちゃん。
ごめんね。

これからはたくさんたくさん甘えて。
のびのびしてね。

本当によかった。

人里離れた山の、野生の猿がいる場所で。
2キロ足らずのガリガリちゃんだったのが…。

おうちを失礼してほどなく届いた画像です。

クリックすると元のサイズで表示します


すっかりくつろいじゃって。

よかった。

ありがとうございます。

感謝をこめて。


*****

そして。空蝉さんの運転で(帰りも)一路、山形へ。


クリックすると元のサイズで表示します


雪景色に青空が映える。

長旅に、車の中ではかたまり気味だったちゃとはつ。

さっそく、ホストファミリーさんに抱っこしてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します


お〜い、肩に力が入ってるよ〜、はっちゃん。
まあ、最初ですからね…。


その後、好奇心いっぱいにあたりを捜索するはつに遅れて…。
(すぐトイレも使ったし)

クリックすると元のサイズで表示します


おそるおそるだったちゃとでしたが…。

クリックすると元のサイズで表示します


最初にロフトを制覇したのはちゃと!

(その後、ロフトで巣をつくろうと、私たちが帰るときも出てきてくれず…)


ホストファミリーさんのお宅には、「ケン」くんと「コウ」くんの
お兄ちゃんズがいます。


クリックすると元のサイズで表示します
コウくん


クリックすると元のサイズで表示します
ケンくん


ふたり合わせて「健康」に。


はつは活発な感じがして「らしい」ので、そのまま、はつに。
ちゃとは…どんな名前になるのかなあ?

(「はつらつ」? ではないよなあ)

楽しみにしてます〜。



帰りは私のナビが最低で、福島方面に行ってしまい…。
(ごめん〜)


長い一日でしたが、心地よい疲れでした。


よかった。
本当によかった。


これで、去年の5月に保護した福島組では、
てっちゃんだけがプチポンに残ったままですが。
(まあ、てっちゃんはこのまま家猫修行に励んでもらいましょう。
てか、馴れなくてもまったくかまわないから、元気でいてね)

あとは、6月保護組のつかさがいます。
(同日保護のちゃとは婿入り、あおは空へ)

そして。

年が明けた2月組がもうすぐプチポンへチェックイン。


名前は…どうしようかなあ。

って、また却下されそうな名前が頭をぐるぐる…。
(また、というのは「つかさ」がそうだったのです…)


あまりブログに出てきませんが、

福島猫以外の、岩手・青森猫たちも里親募集中です。

どうぞよろしく。


いつもいつも、応援とご支援を本当にありがとうございます。

感謝をこめて。






*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


26
タグ:  ペット 被災



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ