2012/5/28

『みさおとふくまる』  その他

クリックすると元のサイズで表示します


神戸の里親さんから、「これを読んで元気になってくれるとよいのですが」と、
とても素敵な贈り物をいただきました。

6年前、オッドアイの白猫、キョンちゃんを亡くしてから、
毎年キョンちゃんの命日に特別な思いを寄せてくださる里親さん。

ありがとうございます。


===========
いつも一緒のおばあちゃんと猫
日々、畑仕事に精を出すみさおおばあちゃんと、猫のふくまるの日常を写し取った写真集。

季節ごとに色彩を変える、表情豊かな風景のなか、
一人と一匹が、寄り添い、見つめ合いながら暮らしています。
===========

「お日様の下を生きる事ができれば、すべてが好日。
今日もいい日だね、ふくまる」


12年前、著者の伊原美代子さんは、みさおおばあちゃんを撮影しはじめました。
おばあちゃんの生きた証を残したい、という思いだったそうです。
そんなある日、家の納屋で、おばあちゃんは一匹の子猫と出会いました。

「ふくまる」という名前には「福の神様が来て、すべてが丸く治まるように」という
おばあちゃんの願いが込められています。
87歳になった今も、毎日畑へでかけるおばあちゃん。
そして、それにお伴するふくまる。
青々とした田んぼ、咲き誇る花々、丸々と実る果実……。
色鮮やかに、豊かな表情をみせる風景のなか暮らす、一人と一匹の姿が写真で綴られていきます。
気づけばおばあちゃんとふくまるが出会って8年。
すっかり耳の遠くなってしまったおばあちゃんと生まれつき耳が不自由なふくまるは、
いつも見つめ合い、お互いを感じ合っています。

青い空に白い雲がプカプカと浮かぶ頃、
おばあちゃんとふくまるは今日も畑へ出かけます。

日常の尊さ、美しさ、かけがえのなさが詰まった一冊です。



Amazonより


この写真集のページを繰って思い出しました。


こんなふうな写真集を、私は作りたかったのです。

Tさん、本当にありがとうございます。



※完全室内飼い必須!の猫保護活動をしていますが、そういうこととは別として。
ひとつの作品として、素直に感動し胸に沁みたのでした。

*****

←プチポンショッピング、新作入荷! 一点物ばかり。お見逃しなく〜。

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


10
タグ:  里親募集 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ