2012/11/5

遠い異国のことではないのに  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します


文化の日の先週土曜、またまた良縁に恵まれました。

M地区から保護してきた子猫・中猫7匹。
その中の1匹、水色の目のトパーズくんをアイさんとお届け。

午後は、コウちゃんをもらってくださった方が3匹目もぜひプチポンからと、
ご夫婦で訪ねてきてくださり、M地区子猫のソウちゃんを見初めてくださいました。

昨年7月の宮城・東松島被災猫のにゃる美ちゃんに続きコウあらためしま吉くん、
そしてソウちゃん改めしろ美ちゃん。
亡き愛猫さんと柄の入り方が似ている白黒猫のしろ美ちゃん。

ケージの柵をくぐり抜けて脱走したから「ソウちゃん」とアイさん命名の
いちばん最初に保護した好奇心旺盛の女の子。

ここしばらくは驚きとちょっぴりの恐怖と、めまぐるしい毎日だったでしょう。
姉妹と離れて寂しいかもしれないけれど、にゃる美ちゃんしま吉くんの先輩方に
猫のおきて(笑)を叩き込まれてやさしいお父さんお母さんからたくさん可愛がってもらってね。


トパーズくんは「てぃー」ちゃんに。
あなたもずっとケージ暮らしが続いて、もう飽きあきしたでしょう。
新しいお家で、おにいちゃん猫と仲良くね。

どちらもちょっぴりビビリだけれど。

ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。



クリックすると元のサイズで表示します


そして日曜、福島へ行ってきました。

写真はすべて彼の地で撮ったものです。



クリックすると元のサイズで表示します


セイタカアワダチソウもようやく勢いをなくし、青空の下、収穫されることなく
あちこちで柿がたわわに実っていました。

「続き」はクリックしてお読みください。


続きを読む
34
タグ:  ペット 被災



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ