2013/3/15

ごま&はるかお届け  複数

ご報告が遅れましたが今週月曜午後、黒白ごまちゃんとキジ白はるかちゃんを
おとなりの秋田へお届けしてきました!

クリックすると元のサイズで表示します
恒例の「幸福の風呂敷」


ふたりとも、ずっとおとなしかったです…。


クリックすると元のサイズで表示します
岩手と秋田をつなぐ「仙岩峠(せんがんとうげ)」は、
マイナス7度(15時すぎなのに…)



お問い合わせをいただいたのは今年の1月のこと。
それからずいぶんお待たせしてしまいました。


愛犬の真っ白いきれいな子を老衰で亡くして。

息子さんが小学生のときにもらってきたのだそうです。

息子さんと一緒に育って。

家族の輪の中心にいるかのような、すてきな写真がお家の中に飾られていました。


ふだんの面倒を見てくれるのは、お母さん。

そのお母さんが今度は猫を。留守番をひとりでしなくて済むように…と、
2匹迎えたいと望んでくださり。

人馴れしているごまちゃんと。ちょ〜っとびびりのはるちゃんと。


名前は「ごま」と「はる」がいいと、決めてくださっていました。


結膜炎のケアが思いのほかかかってしまい、お届けが3月になってしまいましたが。

本当に、心待ちにしてくださっていました。


お家に着いて、アプローチに車を乗り入れたとたん、雪にタイヤを取られてしまって…
引っ張り出すのにご迷惑をかけてしまいました…。



クリックすると元のサイズで表示します



一緒に持っていったサイコロベッドにふたりともすぐ入ってしまって。

フードを持っていくと、ごまちゃんが食べてくれました。

水も、ついでにトイレも近くまで持っていって。


お母さんに抱っこしてもらい、撫でてもらうとゴロゴロ…と、
ごまちゃん、さっそく喉を鳴らしました。


はるちゃんは…おいとまするまでずっとベッドに入りっぱでしたが。

元気でね、がんばってね、ここがあなたの本当のおうち。

そう言って、ベッドの中のはるちゃんをわしわし撫でて失礼しました。

クリックすると元のサイズで表示します
お母さん、どうかよろしくお願いします。



猫と暮らすのはほぼ初めてのおうち。

猫の習性にさっそくびっくりしたようでした。


猫は狭いところが好きですよ〜。ありえないところに隠れますよ〜。

と言っていたところ。



翌日、お母さんが仕事から帰ってくると、ごまちゃんはいたけどはるちゃんの姿が見えない。


ビックリしてあちこち捜して。


はるちゃん、電子レンジの裏側、5センチの隙間のところにいたそうです…。


たぶん、じきに。

リビングの真ん中のこたつがお気に入りになるはず。


めまぐるしく、頭の中で一生懸命いろんなことを考えているのかもしれません。

でもそれは、幸せへ続く道。

たぶん、はるちゃんも心の底では楽しんでいるに違いないでしょう。

わくわくしていることでしょう。


お母さんも、ごまとはるが家で待ってくれているかと思うと、
「仕事を終えて家に帰るのが楽しくてしかたない」と朗らかに言っていました。


どうぞよろしくお願いいたします。


はるかとごまに応援ありがとうございます!


これで昨年9月、盛岡M地区で保護した猫たち7匹全員がもらわれました。


アイさん、本当にお疲れさまでした。






*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


27
タグ:  里親 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ