2013/9/18

にゃろのこと 2  複数

クリックすると元のサイズで表示します

そして、トボトボついてきたわけですが。




いくら保護活動してるといっても。

保護枠もあるし、お金の問題も大だし

なにより人手がないわけで

緊急時以外はいろいろ考えるわけですよ・・・

実際。どうにもできなかった・・・しなかったコ多数。


ですが。

ついてくる・・・

車のドアを開けてみる。



・・・えーーーっ

いらっしゃるのかいっ!

たぶん、一秒考えてドアを閉める。

みんな、ごめんなさい。

またまたお世話おかけします。


夫に電話。キャリー持ってきてー

10分で到着。
「おとなしいな。この顔はオスだな〜」

(夫。猫保護には全く興味なしだけど。
顔で♂♀の判断ができるようになったのが自慢らしい)

そして、そのおとなしさにザワザワする胸騒ぎ。

白血病+

今のプチポンでは、ケージ管理しかなく・・・

約1か月のケージ暮らしの後

Wキャリアのむぎちゃんを看取ってくれた

Tさんから、ありがたい申し出をいただき

今は、幸せな毎日を送っています。

すみません、という私に、

「私は深く考えないから・・・エイズ?フムフム
白血病?フムフム、発症しなきゃ普通のコだよね?」

明るく言ってくださいました。

むぎちゃんを献身的に看護して、

悲しい思いもたくさんしたのに。

素敵な方です。ほんとうに。


にゃろは、ニャロボンズ・・にゃろボンと呼ばれ

体重も2キロ近く増えました。

頑張れにゃろボン、病気なんておいだしちゃえ!


そしてにゃろ物語はつづく。











*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


27
タグ:  東北 里親募集



AutoPage最新お知らせ