2013/10/21

ありがとうございます  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します

たんぽぽ




10月18日(金)〜20日(日)、福島のにゃんこはうすへ行ってきました。

今回、ゆきちゃんと私は給餌は見合わせ、別棟に届いているたくさんの物資支援の仕分けを中心に、
人手の足りないにゃんこはうすの手伝いをしてきました。

2度目のボランティアの方もお一人駆けつけてくださり、本当にありがたかったです。

何より、たくさんの支援品が想像以上に届いていて、開封するたびに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

手紙を読むと元気になるよ〜。と、ありこさんが言っていたとおり、
お一人おひとり、メッセージを読ませていただきすごいなあありがたいなあと何か力がわいてくるのがわかりました。

プチポンをずっと応援してくださっている方々のお名前を拝見したのも、嬉しい驚きでした。

拍手コメントやメールで荷物発送とともに問い合わせ番号を知らせてくださった方々、
確かに届きました。本当にありがとうございます。

いつもプチポンをご支援してくださっている方々や、カレンダーをご購入くださった方々。
見知ったお名前をたくさん見つけて、胸が熱くなりました。

聞くと、もうずっと応援してくれているのよと、ありこさん。

連絡先がわかる方たちには、後ほど御礼のメールをさせていただきます。

一昨年、パソコンが替わったしまって取り出せないメールアドレスの方もいるのですが、
本当にありがとうございます。



少し痩せて、あんなによく食べるありこさんがあまり食べなくなっていたり。
ボンママも元気がなかった。


写真の子猫は、当初、(ミルクシリンジへの執着がすごくて)その吸引力から「ダイソン」と、
掃除機メーカーの名前をつけられた子。

全員茶トラで区別がつかなくて、ほかの子たちはマジックを付けられた個所で「あたま」「みみ」「おしり」と付けられていました。

その子たちが今はお花の名前を付けてもらって、なんの屈託もなく

食べる。遊ぶ。眠る。


ピノが亡くなってしまったのは本当に悲しく残念なことなのだけれど。


一番心配な、被害拡大という二次感染を避けるべく、24時間体制で取り組んでいるにゃんこはうすのみんな。


迅速で、的確で、冷静で。

本当は泣きたいはず。



11年前に関わったシェルター消毒や保護猫たちへの対応を、ふと思い出しました。

混乱と不安とパニックと。

あのとき、ああしていればとか、こんなふうに正しい知識をもった医療関係者がスタッフにいたらとか。
今回のにゃんこはうすの対応を実際に見ていろんなことを思いました。

あのときは、獣医ですらブースター効果を見込んで子猫に間隔を置かずにワクチンを複数回、接種していたけれど。

もっと、パルボに対する知識とプロトコルがあれば。



帰りの高速バスに乗り、コンビニで買ったパンをかじったとき、何とはなしに涙がこぼれました。


プチポンショッピングで大好評だった、ボンママ作の迷子札。

あの品がぜひほしいので、再入荷したら教えてくださいという問い合わせをいただいていて、
それをボンママに伝えたのですが。

「私が作って出したら、迷惑がかかるんじゃない?」

とボンママが言ったのが忘れられません。


最初は何のことかわからなかったのだけれど。

パルボ発症の子猫がいるにゃんこはうすに常駐スタッフとしているボンママが作る品を扱うこと。



震災を経験して、神なんていないと思ったけれど。
できることを尽くしている今、何に祈ればいいのか。


そんなことをピノを喪ったとき、ボンママは自身のブログに書いていました。


震災前は医療現場で役職のある肩書をもって勤めていたボンママが。
知識と経験を総動員して頑張っているのに。


風評被害ってこんなふうに起きるのだなあと、ぼんやりと思いました。


この震災で、神さまなんていないと思った経験をした人がどれだけいるか。

その人たちに、誤解や偏見でこれ以上悲しい思いをさせていいはずがない。



私自身、神さまなんていないんだと思ったのは二十代後半の頃。

当時を思い出したりして、パンをかじりながら涙を拭いたりして。

いろんなことを思い出して。

今のにゃんこはうすを思って。

これまでのことを思い出して。


それでも、人生は続くし、希望はあります。

人生終わったなあ…と思ったのは三十代前半の頃。

あれから気づくと何年経ったか。



震災でつらい経験をした人たちへ、経験していない人ができることはたくさんあります。


思いを新たに。


頑張ります。






*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


31
タグ:  ペット 被災

2013/10/19

おやつ  ヒゲゾウ♂

クリックすると元のサイズで表示します
んまぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します
ちゅ〜る サイコー!


と、ご満悦のヒゲさまであった。



クリックすると元のサイズで表示します
IN 遠野


*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


28
タグ:  里親募集 東北

2013/10/18

チラッとショッピングの宣伝も  きゅうちゃん♂

クリックすると元のサイズで表示します

先日、うちにスズメバチの巣があることが判明。

コワイコワイが先にたつけど…

本当は申し訳なくて取りたくなかったんだな。

ばりばりの住宅街なんで取ってもらったけど。

おかしな話だけど、なんとも切なかった…





クリックすると元のサイズで表示します
ハリスツイード

ショッピングのお品近々出品予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

これからの季節にぴったり〜

クリックすると元のサイズで表示します
誰だこれって感じ。2年前のきゅうちゃん

クリックすると元のサイズで表示します
悪そうになっちまった!

きゅうちゃんは、アイさんと多紀さんが

震災後の福島ズがきて大変な通院時に

道路をフラフラしてるとこを見つけて…

いったんは通り過ぎたそうですが。

戻って連れてきてくれました。

私、きゅうちゃんと初めて会った時のこと

強烈な印象で残ってるのです。



福島ズの第一弾がきた当初

全頭ケージ管理でしたがとにかく

下痢やら汚れやらですぐめちゃくちゃで

半泣きしながらのお世話でしたが…


保護されたばかりのきゅうちゃんは

掃除してる私の元にダーッと走ってきて

お腹を見せて転げまわり

支援品のおもちゃ・・・

まだ開封されてないおもちゃを咥えて

走り回って大喜び。

他の猫たちに臆することなく(目にはいってただろうか?)


とにかく!ものすごいテンションではしゃいでました。

それは私が知ってる「猫」という生き物とはまるで違う

---衝撃的でした。


いつか、わんこと暮らしてみたいと

ずっと思っているのですが

1匹わんこが混じっているような

そんな感覚です。











*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


22
タグ:  里親募集 東北

2013/10/17

猫さん人形  その他

お久しぶりです、サヴァです。
公私共に色々あった上に、パソコンまで壊れた秋でした。。


さて先日、嬉しいことに、パリ在住の1/2 Place (ドゥミプラス)さん手作りの、猫さん人形(猫形ニャンギョウ?)を仕入れることができました。
 
近日ショップにアップしますので乞うご期待!!
その前に、あんまり可愛いので、まずはこのページでご紹介を。


クリックすると元のサイズで表示します

可愛いでしょ!!黒猫ちゃんと白猫ちゃん、男の子と女の子です。

猫さんのイメージにあわせてアンティークの布地を探すことからはじめ(場合によっては染めることもあるそうです)、ディテールまですべて手作り。
写真左の女の子の赤いニット肩掛けも、人形用の手編みニットケープを蚤の市で探してきた物だそうです。

パリテイストたっぷりの猫ちゃん、ぜひショップで詳しい情報をご覧下さい!
(近日アップします)

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 

今回は猫にちなむものが蚤の市からも届きます。
こちらの方もご期待下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

ベルギーの蚤の市です。
この中に掘り出し物が…





*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


11
タグ:  里親募集 東北

2013/10/13

ひなたぼっこ  複数

日曜の朝当番は久しぶり。

私もほとんどが夜当番なのですが。

ジュリアンの頭が熱っぽいね…と、空蝉さんと言っていたのですが、今朝は熱がなくほっとしました。

雨が降ったり。岩手山が初冠雪!だったり。寒くなったり暖かかったり。

ジュリアンは台所戸口で出迎えてくれて、爪とぎをして。

(レメディ、補液完了)

今日はずっと、いちばん日当たりのいい場所でひなたぼっこしていました。


猫は具合が悪くなると暗がりや部屋の隅っこ、ひんやりした場所に行きたがるので、
よし、いいぞとこちらも嬉しくなりました。

強制給餌は、する側もされる側もなかなかつらいものですが。

今日は自力で、パウチを少し食べました。

以前のような多飲多尿ではなくなりました。


ふと思いたち。本当はやめたほうがいいと思いつつ。

ジュリアンを抱っこして、外に出てみました。

秋の淡い日差し。少し冷たさを増した風。

そよぐ雑草。はかなげに羽ばたく蝶。

それらを感じるように。ジュリアンの五感が研ぎ澄まされるのがわかりました。

ほんの少しの間だけれど。

室内に入ると、ジュリアンはトイレに行き、水を飲みたそうにしたけれど飲まず。

再びパウチを少し食べ。

ヒゲさんがうたた寝をする段ボール箱に、自分ももぐり込みました。

ルームメイトがいてよかったね。

*****


クリックすると元のサイズで表示します

ピノ


にゃんこはうすの子猫のうち、ピノがお星さまになってしまいました。

前のエントリでお願いしたばかりですが、この困難を乗り越えるためにも、
今一度お力添えをいただけたらありがたいです。

詳しくはありこさんのブログをご覧ください。


以前、動物保護団体にボランティア参加していたとき、
飼育放棄で岩手のある牧場に取り残された120匹の猫の保護ケアに関わったことがあります。

どういう感染経路なのか定かではありませんが、1匹の成猫がパルボを発症。
ワクチン未接種でしたが、全頭助かりました。
けれど、それとは別に持ち込まれた子猫たちはすべて助かりませんでした。
保健所代わりに、何腹も何腹も持ち込まれた子猫たち。

受け入れる余裕がありませんと電話で断ると、罵声を浴びせられたりして。

すべてを廃棄してビルコン消毒をして。畳もすべて剥がして……。


あの時の絶望がふとよみがえります。

いちばん大変なのは、現場にいる人たち。


幸い、にゃんこはうすには人間の看護師スタッフが複数いるので、
それはそれはすばらしい対応と処置をしているのがとてもよくわかります。

保護したのは間違ってはいない。後悔はしていない。

けれど、何かの瞬間、ふと心が折れそうになることもあるはずです。

どうか、温かいご支援と応援をよろしくお願いいたします。


*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


20
タグ:  里親募集 東北

2013/10/12

福島 給餌用フードご支援のお願い  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します



ちょっと今、にゃんこはうすが大変なので、
昨夜ありこさんと相談確認して、ここでにゃんこはうすへのご支援お願いをさせていただく次第です。

旧警戒区域(福島第一原発事故により、人が住めなくなった場所です)
に取り残された猫たちのためのフードのストックがまったくなくなってしまいました。

もしよろしければ、にゃんこはうすのアマゾンほしいものリストからご注文くださり、
にゃんこはうすまで送っていただけたらとてもありがたいです。

今回は、にゃんこはうすの受け入れ態勢がととのう10月18日(金)を着日に指定してくださると大変助かります。


(すでに注文してくださり、それ以前の着日になっていてもかまいません)


給餌器に補充するための、大袋タイプ(小分け袋になっていないもの)をとりわけ希望します。

…ミオ、お魚いろいろなど。

小袋タイプのものも嗜好性が高く喜ばれるみたいです。

…カルカン、猫元気など。


ドライフードです。


どうかよろしくお願いいたします。


いつもありがとうございます。

感謝をこめて。





*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


12
タグ:  ペット 被災

2013/10/10

いのち  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します


10月4〜6日、福島に行ってきました。
前回は私は休んだので、一ヵ月ぶりの福島でした。

にゃんこはうすの子猫たち中心のケアがあるため、
今回の圏内給餌はゆきちゃんと私のふたりで2日間、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、南相馬市小高区を回り、
いつもの場所にご支援でいただいたキャットフードを置いてきました。

ほとんどの場所の給餌器が、中身が空っぽ。
隔週、切れることなく給餌を続けていますが、なかなか難しいものです。

場所にもよるのですが感覚的に、8割が野生動物、残り2割が猫。
と、問題の場所から近い給餌場所はそんな割合でフードが食べられているのかなと。

今回は捕獲器を7台かけて5台にネズミ。残り2台は空振りでした。

日中の立ち入り自由(宿泊不可)が認められているのは楢葉町、富岡町、浪江町、南相馬市小高区。

小高区のいつもの給餌場所でうずくまっている猫を保護しました。
何度か姿を見かけているのと、毛が逆立っていかにも具合が悪そうだったので。

月曜、ボンママが通院してくれたのですが案の定…体調はよくありませんでした。

人が立ち入りできるようになったからといって、劇的に猫たちの状況がよくなるわけではなくて。

ちょうどご近所の方と話す機会があったのですが。
イノシシ被害がひどい。
ブルーベリー畑の40本のうち半分はイノシシにやられてしまった。

いろいろ話していて。

震災前は犬を3匹飼っていた。しかし、2匹死んでしまった。

残り1匹はどうしたんですか? と聞くと、
ちょっと気まずそうに、(とある団体に)保護してもらっているようだと、その人は言いました。

でかくてさ…申し訳ないんだけど(仮設住宅はペット不可なので引き取ることはできない)…。

でも、犬飼いたいんだよなあ。


今回保護した猫のほかにも、複数猫の姿を見かけました。


そこに住んでいた人たちは自分のことで精いっぱいで犬や猫どころではないのだなあと改めて思いました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


にゃんこはうすのちびちび茶トラ〜ず。


このコたちの目に映る世界ってどんなふうなんだろう。


人が住むことができなくなった場所は、あたり一面、セイタカアワダチソウが咲きそびえていました。

駆け足で秋が深まっていきます。

たとえばそこに10匹、ごはんを食べに来るものがいて、その中に猫が1匹だけいるとしたら。

その子はかつて人と暮らしていたのだとしたら。

さまざまな工夫。続ける努力。背中を押してくれるご支援と応援。

なかったこと。いなかったこと。いないこと。もはや済んでしまったこと。

そんなふうに、人間以外のいのちを切り捨てていいはずがない。


なかなかの困難がありますが。


神さまは乗り越えられない困難は与えない。

そう思います。


給餌用のフードも、今回はギリギリ間に合った(間に合わせました)という感じで、
ストックがまったくない状態になったのは今回が初めてかもしれません。

忘れ去られるってこういうことなのかもしれないなあと、ぼんやりと思いました。


帰りに鍵束を紛失したりして、盛岡駅にたどり着いてから1時間くらい駅内をぐるぐるして。
夜当番を空蝉さんに代わってもらったり。夕飯を待つ母を待ちくたびれさせたり。

結局、鍵束は善意の人に拾われて駅インフォメーションに届けられていて助かりました。

盛岡に着いたのは20時過ぎだったのですが、20時にはインフォメーション室も閉まり、
24時間対応のJR紛失係には届け出はまだなく、交番にも届け出、高速バスに問い合わせても
留守電対応になっていて。

いろいろありますが。



白猫青い目のジュリアンが食べることができなくなって、強制給餌が始まりました。

このコを膝にのせて撫でていると、変わり果てたこのコの故郷・岩手沿岸の山田町のあの光景を思い出します。

高台に残った家の風除室の窓をたたいて、ごはんをねだりに来ていたという。

周りは海水の水たまりがあるだけで、飲み水はほとんどなく、腎臓にダメージを受けてしまった。

検査したときは陰性だったウイルスが、半年後はエイズ陽性に。

高台のボス猫にやられて足を怪我していて。


それでも。

おっとりとしていて、本当にかわいい子。

大変な目にあったねえ。

と言っても、黙って撫でられているままで。

レメディも補液も強制給餌も受け入れてくれています。

(…が、よほど吐き気がひどいのか、昨夜は給餌を途中でやめてしまった…)


いろんなことがありますが。


絶望しすぎないように。

どんな状況にあっても、それを受け入れる猫のように。



福島は盛りを過ぎた彼岸花があちこちに残っていました。


クリックすると元のサイズで表示します


いつもありがとうございます。

感謝をこめて。


*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


19
タグ:  ペット 被災



AutoPage最新お知らせ