2014/4/30

2012年夏  福島の猫たち

このところ、にゃんこはうすでは……。


天へ還っていった猫もいれば、飼い主さんのもとへ帰っていった猫もいて。




寂しいけれど、私たちは大丈夫。


そうボンママから連絡があって。


隔週末、にゃんこはうすへ行くと必ず添い寝してくれるはくちゃんには、もう会えないんだなあ。


はくちゃんのように飼い主さんがわかって、再び飼い主さんと一緒に暮らせる猫は、
福島の被災猫の中では、奇跡のような出来事。

はくちゃんの旅立ちのことを三毛田さんがとてもすてきに綴ってくださっています。



今年に入ってから、一時帰宅したはくちゃんの飼い主さんに偶然、給餌に回ったありこさんたちが会ったとき。

引っ越しの準備やら何やらで、すっかり疲れきった様子の飼い主さんを心配していたけれど。


もう会えなくなるんだねえ。いつ、迎えにきてもらえるのかなあ。

なんて、カウントダウンはしていたのだけれど。

先週、「今日お迎えに来るって」とにゃんこはうすから連絡があったときはびっくりして。


よかった。寂しいけれど、それがいちばん。



クリックすると元のサイズで表示します
はくちゃん(2013年3月撮影)



ありこさんとゆきちゃんが保護してにゃんこはうす入りしたばかりの頃の写真。


そういえば、はくちゃんを初めて見たのはいつだったろうと、撮りためた写真を見返してみました。



クリックすると元のサイズで表示します
2013年8月撮影



天井近く積まれた段ボールをよく見ると…わかりますか?


クリックすると元のサイズで表示します



にゃんちゃーん、下りておいで〜と呼んだところで下りてくるはずもなく。


具合が悪くて動けないのかしら…と心配したけれど、
そもそも具合が悪ければそんな高いところに上れるはずもなく。

ずっと、こんな状態が続いていたそうで。

(よく、気づいたなあ)

こんなふうに用心深かったから、はくちゃんは生き延びることができたのかも。


保護してすぐに、同じ浪江町の住民のボンママが飼い主さんを捜しだして、はくちゃんという名前がわかって。

本当は、はくちゃんのほかにも猫がいたこと。

最後は、はくちゃんだけが残ったこと。

どうすることもできなくて、月1回の一時帰宅のときにフードをたくさん置いていったこと。

飼い主さんからそんな話を聞いたのだそう。





はくちゃんが、ごはんを届け続ける“あきらめの悪い”レスキュー班になれて、下りてくるまで半年以上かかったわけで。

最後は捕獲器ではなく、ありこさんがあっさり抱っこして捕まえたそう。



ふと、はくちゃんin段ボールの写真から前の月をたどってみたら。


十夜を初めて撮った写真を見つけました。


クリックすると元のサイズで表示します
2012年7月22日撮影



この年の夏は。

七夕の日に、大熊町で犬の彦星と織姫を保護。

浪江町で母猫のダイヤと子猫のナッツとキョンを保護。

楢葉町のジェイ、ぽっち。

富岡町で若菜、シューマイ。

浪江町でとらこ。そしてとらこの子猫たち3匹。

犬も猫も。

精いっぱい生きていることを懸命にこちらに伝えてくれていた。


ここにいるよ。


迎えに来て。

早く。



ひどい疥癬で、ギリギリの状態で道路端にいた十夜は。
捕獲器を置いて5分としないうちに入ってくれて。


同じ、7月22日のフォルダには、イノブタ一家の写真やら、保護できなかった長毛猫の写真も入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
富岡町で


クリックすると元のサイズで表示します
南相馬市小高区で



クリックすると元のサイズで表示します
とらこちゃん



とらこの子猫を保護するのも時間がかかって。

保護後、とらこちゃんはほどなく2匹の子猫を出産。



2012年の夏のフォルダを見返していると、本当にたくさんの猫たちがいて。


ジュリアンも。

グリオも。

茶太郎さんも。


*****


とらこちゃんと十夜は、同じ町内で保護しています。

顔見知りだったのかも。


そして。


とらこちゃんを以前、見かけた家で今年保護した子猫たちを、ただ今里親さん募集中です。

子猫たちの様子は、預かり先のこちらでぜひご覧ください。


どうぞよろしくお願いします。



まだ、まだ頑張ることができますように。


まだ、出会うことができて保護できますように。


力を尽くすことができますように。





*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





12
タグ:  ペット 被災

2014/4/28

サンちゃん、お届け。  複数

クリックすると元のサイズで表示します
東北はいっきに春爛漫




4月26日(土)、サンちゃんのお届けで青森へ行ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
幸福の青い風呂敷に包まれて


Lサイズのトラベルキャリーを包むにはギリギリでしたが。



好天にめぐまれ、まさにドライブ日和!

実は、お届けには高齢の母も一緒でした。

快く了承してくださった里親さんに感謝です。


ドライブにはちょうどいい距離でした。

サンちゃんはずっと鳴きっぱでしたが…。



そして。

クリックすると元のサイズで表示します
本当のお家にたどり着いてすぐ、トイレに。


ごはんもすぐに食べました。


ここどこーーーー??

みんなは??


と言っているのかどうか。


昨年6月に、一度縁組が成立して「お届け」を経験しているサンちゃん。

先方のご事情でこの縁組は不成立となり、再びプチポン暮らしに戻りました。


そしてこの度、縁あって青森へ婿入りが決まったのです。

新しい里親さんは一度、お見合いにプチポンを訪ねてきてくださっています。

脱走対策や、サンちゃんの様子を知りたいということで。


長年一緒に暮らしていた猫さんが、17歳のとき腎不全で亡くなったというお家です。



クリックすると元のサイズで表示します
階段の踊り場に、お手製の脱走防止ドアが。



トイレも。キャットタワーも。すべてサンちゃんひとりのもの。


名前も、「とてもすてきな名前だから」と、「サンクロウ」のままで呼んでくださるそうです。


再び猫との暮らしを迎えることを楽しみにしていたご家族のもとで。

サンちゃん、よかったね。


サンちゃんを保護したのは2012年2月23日。

岩手沿岸被災地に白猫を捜しに行った帰り道の、県道396号線のコンビニで。

尻尾の付け根の怪我がなかなか治らず、その後もプチポン猫たちとちょこちょこケンカして、
鼻にかすり傷を負ったり。

お届け前にも目を腫らしたり。


縁組成立が決まってから、ダイエットに取り組んで。

(150gやせました!)

婿入り道具に処方食と、気にかけてくださった方からのタオルケットを持参して。


保護して2年。長いような、あっという間のような。


目当ての白猫を保護することはできなかったけれど、

サンちゃんに出会えたこと。それからほどなく、ジュリアンを保護できたこと。

不思議なめぐり合わせに感謝です。



たくさんの方に応援してもらい、ご支援くださるおかげで奇跡的にもこうしてプチポンを続けることができています。


猫を通して、素晴らしい出会いに恵まれています。


本当にありがとうございました。




母とお昼を食べながら(津軽そばがおいしかった!)、青森の里親さんおふたりに
「今、弘前にいるんですよー」とメールしたところ。


つかさ改めルークくんの里親さんが「ちょうど、弘前公園でお花見中ですー」と返信が。


実は何年も前のこと、母とツアーで弘前城の桜を見に行ったことがあるのですが、
公園は遠くに見えても渋滞で、途中、バスから降ろされて「ここから先は歩いて行ってください」という経験をしたことがあって。

その時は、疲れたのとあまりの人手で。それにたくさんの桜に圧倒されて。


「疲れた」「人ごみがすごかった」という印象ばかりが残って。


いや〜、弘前公園には近づけないですーと返信したところ、

「公園を一周するだけでも楽しいですよ。むしろ渋滞がちょうどよかったりして」と。


では、せっかくだから…と車で向かいました。



楽しかった!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



偶然の逆回りがよかったのか、渋滞とは反対側の道路をぐるぐる回り、充分堪能しました。


日曜のニュースで、土曜の午前中は五分咲きくらいだった弘前の桜も、午後には一気に満開となるほどの陽気だった…と。

まさに満開の桜を楽しむことができました。

ぼんぼりも大きくて、迫力の桜でした。

しかし、どこもかしこも、1日1000円の駐車料金の立札が。

秋田角館のときは1日500円で、普通の民家の庭先に停めさせてもらいましたが。



来年もまた来たいと母が言うので、チャレンジしてみよう。

それにしても。津軽の食べ物のおいしいことといったら。


道の駅でもたくさん買い物をして。

りんごも。豆腐のかまぼこも。りんごバター、くるみパン、お惣菜……。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



帰りは岩手の日帰り温泉にでも行こうかと思っていたのですが、あちこちに温泉の看板があったので。

急遽、青森のお風呂に。

いいお湯で、またまた感激。


本当に最高のお届けと行楽日和となりました。

何かご褒美をいただいたようで嬉しかったです。



クリックすると元のサイズで表示します
つかさ、改めルークくん




クリックすると元のサイズで表示します
そして、お届け翌日のサンちゃん



まだ落ち着かなげではあるけれど、さっそく添い寝したそうです。



よかった。


ありがとうございます。


感謝をこめて。



※しかし、母よ…サンちゃんを見て「あんなに立派な猫、どこからさらってきたの」って……。

猫保護とか、行き場のない猫のことでたくさんの人が動いてくださること、
行ったこともない土地へ行くこと…いろいろなことが理解できない母ですが、
今回、ふたりで小旅行を楽しむことができて本当によかったです。




*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





20
タグ:  里親募集 東北

2014/4/25

盛岡も、ようやく…。  複数

昨日の盛岡は日中の最高気温20度越え!


町の中心部の桜は満開だそうです(まだ見ていない)。

テレビで、石割桜の花のつき具合が今ひとつなのを見て、びっくり。

エドヒガンザクラで小ぶりで白い花だけに、やけに葉が目立っていてちょっと…。


それでも、ようやくこちらも春爛漫。

もっとも、朝の最低気温は3度と寒いのですが…。



先週のにゃんこはうすは…

クリックすると元のサイズで表示します
みーちゃんの窓の向こうに…(飼い主さんからのお預かり)



クリックすると元のサイズで表示します
桜が。



もう、福島は桜は終わり。


2月の黄色い蝋梅や、福島の花見山をいつか撮りたいものです。



職場の窓から、ベニヤマザクラが見えるのですが
昨日はつぼみがあれよあれよという間にふくらみ、花が咲きそうなほどの暖かさでした。


仕事でお客さまフリーダイヤルというのを取るようになったのですが、
昨日は秋田の方から「岩手の一本桜はいつ咲くのですか?」という問い合わせが。

前回は桜は散り、菜の花だけ見て帰っただけに今年こそはと。

残念ながら、こちらではそういうことはわかりかねるのだけれど、
なんとかお答えできたら〜と思ってしまった。


誰もが、とりわけ東北人にとっては寒い長い冬を耐えて訪れる春が待ち遠しいように思います。


ようやくの春。


そして、プチポンの面々。

クリックすると元のサイズで表示します
ミレーユ



クリックすると元のサイズで表示します
ラテ



周りに見えるペットシーツは…ヴァンサンのしっこよけです……。



クリックすると元のサイズで表示します
ハタとワタル



このふたりは血縁なのかもなあと、改めて思いました。

体型や顔の輪郭が似ています。


そして…。

クリックすると元のサイズで表示します
サンクロウ



お届けはもうすぐ、なのに右目が赤く腫れ上がってしまいました…。

この写真は4月12日撮影のもの。


今日はアイさんが通院してくれます。



昨日はつねさんの通院と、アイさん、本当にありがとうございます。




今日から、地元の老舗百貨店で岩合さんのねこ写真展開催。

楽しみです。



*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





12
タグ:  里親募集 東北

2014/4/24

花散らしの…  複数

クリックすると元のサイズで表示します



先週末、4/18〜4/20 福島へ行ってきました。

ありこさんのブログにあるとおり、保護猫はありませんでした。


土曜朝、「雪!」と言うありこさんの声にびっくり。

満開を過ぎた桜のはなびらが、冷たい風にのって雪のように見えました。


クリックすると元のサイズで表示します



風が強いとキジが多く、キジが多い日は猫の姿は見かけない。

そうボンママが言うように、この日も、次の日も見かけるのは繁殖期を迎えたキジばかり。


大熊町の依頼主さん宅へ行くと、前の道路で2羽のオスが1羽のメスをめぐってバトルしているところに出くわしたり。


唯一、この町で見かけたのは有人ゲート近くの道路を横切る短尾の黒猫。


春彼岸のときもそうでしたが、人の気配に猫は引き寄せられる。


このあたりに、時間の制限なしに捕獲器を掛けたらどれだけ猫を保護できるかしら。



やがて。さらに制限をかけられたこの町から、いつか本当に猫がいなくなる時がくるかもしれない。

それはいつ?

そう遠くない日かも。



なんとも重苦しい、今回のレスキューでした。


クリックすると元のサイズで表示します


日曜は天気はよくても、やはり風が強く冷たく。

いつもより多く、給餌しました。



大熊町の依頼主さんと、久々に電話でお話ししているとき。



(一時帰宅で)帰っても、隣近所に誰もいなくて、
ああ、もうダメなんだな…って思うんですよね。



帰ることはできないと思いつつも、やはりどこかで希望は抱いているわけで。

けれど、帰るたびに、厳しい現実にうちのめされる。


その繰り返し。


今回は実に久々にハクビシンが捕獲器に入り、ゆきちゃんも私も「いちばん怖い」野生動物…
と、おっかなびっくりのリリース。

また捕獲器をダメにしてしまった…。




給餌量が多かったのと、なけなしの捕獲器を回収してそれらを臨時スタッフSさんに手伝ってもらいながら洗って。


気づくと、帰りの高速バス最終便に間に合わず、仙台からは新幹線での帰宅になりました。



こんなに消耗度の激しい捕獲もそうないことだけれど、旧警戒区域ではこれが当たり前。


(プチポンでは、京都の金網職人が作った捕獲器を12年使ってもまだ現役なのに)



新幹線の待ち時間、駅構内の本屋で目に入ったコミックスをつい買ってしまいました。


さいとうちほさんの「ビューティフル」。

バレエ漫画は大好きなので。



この人の作品を最後に読んだのはいつだったろう。

目を引かれたのが主人公がチェルノブイリ地区出身だというコピー文で。



そういえば、チェルノブイリはウクライナにあるということ。

首都キエフは山岸凉子さんの「アラベスク」の主人公、ノンナの故郷だったなあとか。

思いがけず読み応えがあり、読み終わるのに時間がかかってしまいました…。


事故から27年経っても、チェルノブイリは30キロ圏内が立ち入り禁止区域のままなんですよね…。


*****


キジトラのおっさん猫、十夜が亡くなりました。

にゃんこはうすスタッフ、ボンママのブログをぜひお読みくださると嬉しいです。


十夜。

あんなふうにボンママたちに可愛がられ、愛され、これ以上ないほどの献身を一身に受けて。

見送る側は悲しいけれど、ボンママのそばにいられて十夜は幸せだったなあとつくづく思います。


レスキューから帰ると、ボンママの部屋の窓辺でひなたぼっこしている十夜の姿が見えると、
こちらもつい嬉しくて。



いろいろなことに感謝する気持ち。


とても共感する文章にまた胸がいっぱいになりました。



*****

おまけ。


クリックすると元のサイズで表示します
おはぎちゃん



どんどん、黒毛が脱色されていくような……。

メタモルフォーゼ化(変容)する、おはぎちゃんに、「実はシャム猫ではないか」という疑惑が…。


まさかねと笑っていたのですが、実際におはぎちゃんを見てみると…。

確かにシャムっぽいんですよ。


写真でお伝えできないことが残念。




いつも応援とご支援をありがとうございます。


心より感謝いたします。



*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





13
タグ:  里親募集 東北

2014/4/22

最近の…  複数

プチポンのお菓子箱(人用おやつ)の最近の流行り?

なつかしのアメシリーズ。

今日はパインの(真ん中に穴のやつ)があった。

チェルシーとか、ミルキーとか、カンロアメとか。

先日のヨーグレットは、ちいさい方にヒットしたようでした(=^・^=)


*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





8
タグ:  里親募集 東北

2014/4/18


クリックすると元のサイズで表示します
ワタル♂


クリックすると元のサイズで表示します
ハタ♀(チャイ、ラテ、ココの母)



トップ固定記事の保護猫一覧を、やっと更新しました。

いつまでもジュリアンをのせていたらダメよね…と思いつつ、未練ですね。


昨年晩秋に保護したチャイラテココ、ハタフクワタル、そしてオランジュ。

みんな美形なんですが、里子に出たチャイココ以外はみんなシャイなびびりっこたちばかり。

オランジュにいたっては、いまだ私は写真が撮れていません。

(誰か撮っていたら、送ってくださいー)



どーでもいい話なんですが、連絡ノートには、

「オラがこたつの奥に隠れていた」「オランがいない」「オラが…」「オランが…」


と、オランジュを略して書いてあるのです。

「オラ」「オラ」って、思わずぷぷっと笑ってしまう。


わき腹のアメショ柄のぐるぐるも美しいオランジュ。

早くまともにお顔がみたいものです。



*****



クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンで取り寄せた、ソフトカラー


クリックすると元のサイズで表示します


わが家のたきですが、カラーを替えてからやっと調子を取り戻したようです。

ただ、このカラーはマジックテープ留めの部分が重く、その側が下に下がります。

いつもはここの飲み水はヨックモックの青缶+100均で買ったまるいトレイの上に
ヘルスウォーター(大)を置いているのですが、それだとカラーの縁が水の中に入ってしまいます。

で、小さめの飲み水鉢にしましたが…やっぱり水についてしまう。
(写真はたまたま入っていないときのものだけど)

濡れた水気のせいか、ちょっと風邪っぽくなるのもおじいちゃんだからか…。


小さめカラーでグルーミングもしてしまうのですが、傷の部分まではとどかず、しっぽの先だけ。


おかげさまで金曜、晴れてカラーをとってよしとなりました。よかった〜。

傷口もきれいにふさがりました。体重も10g増えたし。

カレンデュラ(きんせんか)のジェルは変わらずつけなくてはなりませんが。

あとは、1ヵ月に1回の通院(肛門腺しぼり)が必須ですが、健康チェックも兼ねてちょうどいいかも。

お見舞いメッセージ、ありがとうございます。




おまけの友情出演(?)。


クリックすると元のサイズで表示します
にゃんこはうす卒業生の紫音(しおん)



首輪が二重のたすき掛けになって脇の下、腰…とからまった状態での保護。

3回、皮膚移植も含めた手術を乗り越え、傷も完治してもらわれていきました。


この子がつけていたこのカラーは、ご支援者さんからいただいたものだそうです。


ちょうど、枕にもなっていいのよ〜ということでした。


なかなかこういうのは売っていないので、手に入りにくいですね。
たきに使ってみたかった。


*****

そして、ありこさんがブログでもお知らせしていましたが、「にゃんこはうす写真展」が今年の7月19日〜21日、福井県で開催されます。


写真展を手伝ってくださる方、猫グッズ・雑貨などを出展していただける方を募っています。

詳しくは ariko602@yahoo.co.jp までご連絡ください。



震災から3年が経ち、4年目になりました。

忘れ去られていくのだろうな…とぼんやりと思いながらも、
保護猫が60匹近くいるにゃんこはうすを維持しつつ、
まだ、できるかぎり被災猫の保護を続けていきたいのです。

そのための写真展開催です。

どうかよろしくお願いいたします。





*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





10
タグ:  里親募集 東北

2014/4/16

あれこれ  複数

クリックすると元のサイズで表示します
ラテ♂ 里親さん募集中



クリックすると元のサイズで表示します



シャーシャー言うおとな猫(ハタ、フク、ワタル)と一緒にいたら、
そうするものだと思い込み、ますます人なれから遠ざかるかしら……。

部屋割りが悩ましい今日この頃。


かわいい容姿で、お問い合わせもちらほらあるのですが。


うーん。



そんなこんなの今日この頃。


サンちゃん、ダイエットを始めました。

肝臓の数値が少し高かったので。

まずは処方食で様子を見て(満腹感サポートとか、減量サポートとか)。



クリックすると元のサイズで表示します
ダイエット???



そんなサンちゃん、めでたく縁組成立しました。


お届けはGW前に。


*****

盛岡は一気に春めいてきました。

ウグイスの初鳴きも聴きました。

キツツキの鳴き声を初めて知りました。

水を張った圃場に、ちいさなオタマジャクシがたくさんいました。


福寿草は終わり、庭にはどこからか飛んできた一輪草の白い花が咲いています。

水仙も。レンギョウも。


モンシロチョウがとまっているかのようなコブシの白い花。




一昨日は、満月に近い月と、赤い火星がそれは見事に夜空を飾っていました。



小さな悩みも、鬱屈とした思いも、世の中の閉塞感も。

そんなこととは別のところに、大いなる自然の営みは動いているのですねえ。



…なんて思いつつ、目下の小さな悩みは…。


とある広角レンズがほしくて、ずっとヤフオクをウォッチしているのですが。

これがなかなかうまいタイミングが合わないのと、思いきりができないのとで。


もう何度も逃しています。

うーむ…。



うちのたきに。

病院から借りたエリザベスカラーだとストレスが大きく、径の小さなソフトカラーを注文しました。

処方されたレメディは、スタッフィサグリア。“屈辱”のレメディという印象があったのですが、「術後」「膀胱」「泌尿生殖器」がキーワードになっていました。



覚え書きとして。


加齢とともに、なんとなく元気がなくなってきたなあ…というときに、

ミネラルセットがおすすめです。

朝・昼・夜とあげるのが面倒なら、一度にとらせてもOK。飲み水に入れてもOK。

ついでに、飼い主もためしに一緒にのんでみるというのも、なかなかいいですよ。

私はこれを1瓶のみきったとき、なんというかすっきりしたというか、
「ああ、私って疲れていたんだなあ」と、それまで自分が調子がいまひとつだったことに気づきました。


試してみるにはけっこういいお値段かも…という方には、この中のバイタルソルトだけでも。


肝臓が弱っているコにはK-Tサポート(Kは肝臓、Tは胆嚢)、

腎臓が弱いコには Jサポートを(Jは腎臓)。


何かあったときのファーストエイドにAAAサポートを備えておくのも実に便利です。

恐怖、不安、パニック…の感情面もだけれど、怪我をしたときやショックを受けたときなどまずのませるというオールマイティ的なもので重宝しています。


もちろん、これらはセルフケアの範囲内で知っておく、使っておくと便利なもので、基本は獣医師にかかることをおすすめします。


ホメオパシーは精神性というか宗教的というかスピリチュアルというか、なかなか理解する・受け入れるのが難しい、抵抗があるもののように感じますが、
なんだかんだとお世話になっています。
*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





14
タグ:  東北 里親募集



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ