2014/5/3

週末の福島  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します
大手毬(おおでまり)



クリックすると元のサイズで表示します
花蘇芳(はなずおう)



金曜、まさかの残業になってしまい、いつもの高速バスに間に合わず、
もったいないと思いながらも新幹線で仙台へ。
その後はいつもどおり、ゆきちゃんに拾ってもらってにゃんこはうすへ。


高速バスだと仙台まで2時間半。
新幹線だと仙台まで39分。
(しかし、交通費が約2.7倍…)

節約して取り戻さなくては。


にゃんこはうすの桜は散り、若葉青葉がまぶしい初夏を思わせる暑さでした。

季節が盛岡とは一か月半くらい違う感じ。

咲いている花がまるで違う。

3年前の5月5日に、初めて福島の20キロ圏内へ来たのでした。

あの時も、誰もいない庭先に咲くきれいな花に見惚れながらも、
なんて美しくも悲しい風景なのだろうと思いました。

あれから3年。

いろいろな困難と直面しながらも、なんとか乗り切ってこられたことに感謝しつつ。

希望を捨てず、みんなと力を合わせ、知恵をふりしぼり。


成果がありますように。




にゃんこはうすでは、はくちゃんが卒業して飼い主さんのもとへ。

ハニーが天へ帰りました。


クリックすると元のサイズで表示します
少し前のおはぎちゃん



おはぎちゃんのシャム化は進んでいました(笑)。



クリックすると元のサイズで表示します
少し前のダイヤ



ダイヤも調子を崩しています。大ちゃんも。

白猫ララも。


思うに、捕獲器に入ってくれるときというのは、私たちが思う以上の“瀬戸際”の状態にある猫が多いように思います。


本当なら、保護してケアして新しい飼い主さんを探して…のフルコースを責任をもって行わなければならないのでしょうけれど。

にゃんこはうすのみんなに保護後のことを任せておいてこう言うのも申し訳ないのだけれど。

保護できてよかった。

誰にも知られず命果てるのではなく、看取ってもらって旅立つことができて、よかった。

そう思います。

ブログを通して、彼らが生きていたことを知ってもらい、生を終えたことをともに悲しんでもらえることが何よりもありがたいです。



そして、盛岡では。

プチポンのbooさんとbooさんのお嬢ちゃん、むぎちゃんママがフリマに参加!

関西の方からのご支援でたくさんいただいたフリマ品を携え、暑い中がんばってくれました。

お疲れさまでした。


明日もいい日でありますように。




クリックすると元のサイズで表示します
4月30日の一本桜



青空の下、岩手山を背景に満開の一本桜を撮りたかった〜。


*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             





11
タグ:  ペット 被災



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ