2015/4/4

桜、咲く in 福島  福島の猫たち

4/3の金曜夜から、福島はにゃんこはうすに来ています。

冷たい雨と、風が強い盛岡から。

南東北の福島は、やはり暖かい〜。

(にゃんこはうすの朝晩はけっこう寒いけど)

土曜は、ボンママと浪江町を回りました。


クリックすると元のサイズで表示します


震災前は、花見時に花火が上がるという河川敷の桜は、見頃にはちょっと早かったけれど。

クリックすると元のサイズで表示します


隣町の南相馬市小高区では、あちらこちらで桜が花見時を迎えていました。


どちらの町も、日中の立ち入りは認められていますが、いまだ住むことはできません。

手入れが行き届かなくなった花は、少しずつ、花の勢いを失っていっています。



福島に通い始めて5度目の春。

初めて訪れたときも、こんなふうに、花は咲いているのに、見る人がいない、静かな春でした。

警戒区域に設定された7つの市町村。


想像してみることがあります。

自分が住む盛岡と、周辺の7つの市町村がある日突然封鎖され、避難を余儀なくされたとしたら。

4年経っても、慣れ親しんだ「わが家」に帰ることができないでいたとしたら。


私が訪れる福島の春は、静かで寂しい、けれど美しい花が咲く場所です。



この日はまだ若い三毛猫を見かけました。









*****

←収益は保護猫たちのケア治療費、ごはん代に。新作、少しずつアップしています〜


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             




13
タグ:  ペット 被災



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ