2016/5/28

つながる、思い。  福島の猫たち

この数日、ヒゲさんは低血糖、いわおさんは高血糖、感染症…と大変な局面でしたが、

プチポンのみんな、そしてにゃろぼんママのケアのおかげで今回もなんとかふたりとも乗り越えてくれました。

私は、なれない電車通勤と片付かない仕事であわあわしているばかりです…。
寝過ごしてとなりの無人駅で降り、茫然としたり。乗り遅れて新幹線を使ったり…。




クリックすると元のサイズで表示します

一面の菜の花(福島県南相馬市)


先月のレスキューのときに撮影した風景。

南相馬の旧警戒区域だった小高区のあちこちに、菜の花畑が広がっていました。

盛岡に帰って、ふと思いついて「ラッシュ」という化粧品と石けんのお店へ初めて入ったところ、

南相馬の菜の花で作ったという菜種油とつながるオモイという石けんが目に留まりました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


そうか、あの菜の花がこんなふうに商品になって、福島のことを伝えるきっかけになっているとは。

そこで「つながるオモイ」を買わずに、はちみつの石けんを買うあたりがなんとも…だけれど。

冊子「希望のひとしずく」をもらい、帰宅して南相馬の菜の花プロジェクトを読みました。

(プチポンのテーブルの上にも、冊子がありました)


続きを読む
13
タグ:  ペット 被災



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ