2021/7/4

たき、永眠。  その他

クリックすると元のサイズで表示します

7月1日明け方、たきは旅立ちました。
21歳と8ヵ月、に2日欠ける生をまっとうしました。
病気もせず、まさに命を燃やしきった最期でした。

皆さま、ありがとうございます。



誰にでも、「特別なコ」がいると思いますが、
私にとって、たきがそんなコです。

たきがわが家に来る前と、来てからでは
180度、私の人生は変わりました。
それまで動物とは無縁の毎日が、
それからは心豊かに、そして少しはマシな人間になったかな、と。

猫をわが家に迎え入れると決めたとき、どんな名前にしようかと、
冬の星空を見上げて考えたことを思い出します。

北斗七星、カシオペア。それらが夜空をめぐる中心に北極星。
「たき」というのは、そのとき読んでいた漫画のキャラクターでもあるのですが。
尻尾が短い茶トラの子猫に「たき」と名付けたとき、
母は「同級生にたきちゃんがいた」と言い。
「おばあちゃんみたいな名前」と誰だったかにも言われたり。

「たき」は、北極星のように私を導いてくれました。
道に迷うことのないように。

今はただただ淋しく、ともするとめそめそと泣いていますが。

たきには、「ありがとう、また必ず一緒に暮らしましょう」と約束して
送り出すことができて良かったです。

淋しいですねえ……。



*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

26
タグ:  里親募集 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ