2011/5/29

一時預かり募集  福島の猫たち

クリックすると元のサイズで表示します
ともクン♂ 不妊手術済み


昨日は福島で、猫を9匹、犬を1匹レスキューしました。
そのうち猫5匹を東京の「ねこひと会」さまへ。
4匹をプチポンに連れ帰りました。
わんこは犬保護をしている「犬班」の方へお願いしました。
ハスキー犬で、ずっと後をついてくるのでどうしようと
迷ったのですが、幸い地元の方がリードを首輪につけてくださり。
わんこって感情表現がストレートなんですね。
人により近いところを居場所とする動物なのだと、
なんだか胸が苦しくなりました…。


福井の「ねこさま王国」さんと知り合ったのがきっかけで、
福島レスキューに関わっています。

現在、プチポンには24匹の保護猫がいます。
(1匹は不妊手術後、福島の飼い主さんのもとへお返しします)

そのうち、福島の猫は12匹。
10匹が警戒区域に指定されている20キロ圏内の猫です。

もともとそれほど基礎体力のないプチポンで、
無理せずまったり猫保護活動をしてきましたが、
この誰もが経験したことのない震災に直面して、
目の前の飼い主とはぐれてしまった猫たちを見て
保護せずにはいられませんでした。

お願いばかりで本当に心苦しいかぎりですが、
どうか皆さまのお力を貸してください。

・猫の一時預かりを募集しています
(現在はケージ管理しています。
不妊手術、血液検査などをしてからのお願いを予定しています)

・フードカンパをお願いします
penny-j☆est.hi-ho.ne.jp までお問い合わせください
(☆→半角@に)

・ご支援金カンパをお願いします
(左側の上部分記事を参照してください)

どうか温かいご協力をお願いいたします。


自分たちの意志で福島猫レスキューに関わりましたが、
正直、民間の個人レベルで取り組める数ではありません。

それでも、まだ犬や猫たちは生きています。

ある日突然、生活を奪われた悲劇もさることながら
飼い主と突然、離されてしまったペットや動物たちの
今後を考えると…。
本当に恐ろしいことが起きてしまった。
それは今も続いています。

おそらく、生きている間にこれほど大きな震災は
ないのではないか。
震災から2ヵ月半経ったとか、
日にちを数え、やがて記憶の片隅にしまい込むのではなく、
同じ日本に住む者として、
何かひとつでも被災地のためにできることは
誰にでもきっとあります。
どうか、私には何もできないとか、
○○することしかできないとか
「できない」を挙げるのではなく、
できることを真剣に考えてみませんか。
小さなことでもきっと、より良い未来へと
つながることを信じて。


写真のともクンは、名古屋のCat paw clubさんがレスキュー。
プチポンで預かっています。

飼い主さんからの依頼でレスキューしたのですが、
飼い主さんのケータイやアドレスが変わったのか、
連絡がつかなくなってしまったそうです。

とても人なつこく、けれどもとは立派な体格も
厳しい環境に置かれたからか痩せています。

除染済み(シャンプー済み)です。

このこをはじめ、順次、一時預かりをお願いしたい
猫たちをアップしていくので、
どうぞよろしくお願いします。

*****

カンパご支援、ありがとうございます!

5月26日…J・Iさま

心より感謝いたします。

*****

※一時預かりはこちらから

※里親希望はこちらから

お申込み・お問い合わせお待ちしております。
*****
保護しています!


※現在、保護猫多数。一時預かりを募集中です!
お申し込みはこちらのフォームからお願いします


東日本大震災で被災したペットたちの情報はこちら!

アニマルファインダー


東北地震犬猫レスキュー.com

*****

←プチポンショッピング、ご利用ください!
収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームからお願いします

一時預かり希望はこちらのフォームからお願いします


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


21
タグ:  ペット 被災



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ