2011/5/30

東松島猫、通院  東松島の猫

クリックすると元のサイズで表示します
仮の名は「しい」ちゃんに♀


東松島市で保護したブラックスモークの女子、
なんだか元気がないということで、通院。

体重2.85キロ→2.8キロに(50グラム減)

診察台の上でしきりに左足を上げるので触診してもらうと、
どうも股関節を痛めているようだと。

考えられるのは、この子は現在、3段ケージに1匹管理。
ケージのどこからか転落して腰を打ったのでは…。
(猫なのに)

おそらくまだ、体が出来上がっていないこっこちゃんみたいだし。

ということで、今のこの子に段差のあるケージは避けたほうがいいと
1段(?)ケージに。

捻挫と筋違いのNo.1レメディのラストックスが処方された。

*****

この日は、福島猫のうらら(仮名)ちゃんを除染(シャンプー)。
血液検査をしたら白血病陽性。

お預かり当初、ケージに入れたとたん敷いていた新聞紙を
かきむしりパニックになり、猫ベッドにこれ以上ないくらい
身を潜めていたけれど。

それはそれは、とても可愛らしい声で鳴くのです♪

パニックもおさまり、撫でるとゴロゴロ…喉を鳴らし。

本当に可愛い。

無人の町から脱出できてよかった。
そう思えるようなケアができたらいいな。

もちろん、白血病陽性でもかまわないという
方がいらしたらぜひ。
1歳齢はとうに過ぎているようです。

飼い主さん宅であろうお家には保護しましたと
チラシをCat paw clubさんが貼ってきてくださったので
連絡がありますように。


プチポンはこれまで行き場のない野良猫中心の
保護ケアをしていて、
今いる猫たちはいまだ人馴れ完璧!には届かず。
「飼い主」にかわいがられる幸福を、いまだ知らない。
(ななぼは人間と暮らした経験がありそうだけど)

福島猫は野良猫ではないわけで。
もともとは飼い猫なわけで、どの子も人なつこい。
プチポン猫が越えていない「人馴れ」というハードルは
彼らにはないわけで。

しかも何ヶ月も飼い主とはぐれて寂しかったわけで。

たっぷり愛情を注いでもらえたら。

ちょっと今はプチポンにその余裕はないので、
一時預かりさま大絶賛募集中です。

よろしくお願いします。


*****
保護しています!


※現在、保護猫多数。一時預かりを募集中です!
お申し込みはこちらのフォームからお願いします


東日本大震災で被災したペットたちの情報はこちら!

アニマルファインダー


東北地震犬猫レスキュー.com

*****

←プチポンショッピング、ご利用ください!
収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます

*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームからお願いします

一時預かり希望はこちらのフォームからお願いします


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


7
タグ: 被災  東松島



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ