2017/1/23

小豆のチカラ  健康

小豆と言えば
ぜんざいや赤飯を思い浮かべる方が多いかしら

実は小豆は美容にも健康にも
もってこいなんですよ。

おさらいしてみましょう!

小豆の栄養

《疲労回復》
【ビタミンB1】は
炭水化物の代謝を助けてくれるので
疲労回復に役立っんですよ。

炭水化物が上手く代謝されなくなると
疲労の原因となる
「ピルビン酸」や「乳酸」が蓄積されてしまいます。
そこでビタミンB1を摂取すると
それらの蓄積を妨げてくれるので
疲労回復をサポートしてくれるのです(^-^)

《便秘解消》
【食物繊維】小豆に含まれる食物繊維は
不溶性(水に溶けづらい性質)です。
便を柔らかくしてお通じを促進してくれたり
便の量を多くして出しやすくする作用があります。
便秘で悩んでいる方にとって、
水溶性食物繊維は大活躍の成分ですね(^-^)

《美肌》
【ポリフェノール】
小豆には、抗酸化作用の強いポリフェノールが
豊富に含まれています。
ポリフェノールと言えば赤ワインを思い浮かべる方が多いかしら?
実はその赤ワインよりもポリフェノールの含有量が多いんです。
ポリフェノールの抗酸化作用は美肌にとても大切で
メラニン色素の生成を抑えて、シミやクスミの予防効果が見込めるのです。
肌の油分の調整や潤いの保持をしてくれる作用も期待されていますよ(^-^)

《むくみ》
【カリウム】
乾燥小豆100g中にカリウムがなんと1500mgも含まれています。
カリウムは水分の代謝に関わっていて、むくみの原因である
体内の余計な水分や塩分の排出を促してくれます。
脚のむくみなど気になる方にオススメです(^-^)

最後に
お酒を飲まれる方に
《二日酔いの防止》
ビタミンB1のもう一つの特徴として、
実は強いデトックス作用があります。
肝臓でのアルコールの分解を助けてくれるんです。
肝臓に脂肪が溜まらないように働くビタミンB6を含んでいるで
脂肪肝が気になる方にオススメです(^-^)

いかがでしたか?

小豆を上手に使ってカラダの中からキレイにしちゃいましょう(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 小豆 ぜんざい 美容



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ