2007/5/1

竹の子の誘惑  

今朝「竹の子」が実家から届いた。
昨日の朝、堀たてを貰ったので母が送ってくれました。
竹の子と米ぬかが入っていました。

しかし、竹の子の下処理は初体験なのです。

主人が独身時代に買っていた料理本に「竹の子の下処理に挑戦してみる」というのが載っていたので、それに従い作業を進めた。

が、当然わかっていたことなのに・・・なぜ、そんなことをしてしまったのか。
今、ものすごく口の中がエグイ。
アクに弱いのに、穂先の柔らかい皮(姫皮)を水にさらす前に口の中に運んでしまった。
(湯がきあがりの香りと柔らかい姫皮の誘惑に思わず)

誰か助けてーーーー 眠れないくらいエグイです。

そうだ!主人に昔、竹の子ご飯をご馳走になったことがある。
しかも、近所で掘ってきたらしい。
それはそれは、とても美味しかった。この季節になると思い出す。
しかし、こんな時間と手間のかかる工程を主人がしていたのかと考えると感心してしまう。

竹の子の変貌
@届く
クリックすると元のサイズで表示します
A下処理前
クリックすると元のサイズで表示します
B水にさらす前
クリックすると元のサイズで表示します

ん〜美味しそう。

さあ、皆さんも旬なものを食べて気を養いましょう。
元気な一日でありますように。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ