2008/4/2

食べる紫外線対策  美容

紫外線対策にお肌のお手入れは
今や年中意識している人が増えてきました。

帽子に長袖、手袋、サングラスも
皆さん上手に取り入れているし。

紫外線対策にビタミンCやβカロチンを食事の
面からも摂ることは知られてきましたね。

そこでおさらいを。

ビタミンCはピーマン、アセロラ、レモン、
ローズヒップ、煎茶、ジャガイモ、野菜、
果物など

βカロチンは緑黄色野菜、かぼちゃ、にんじん、
ほうれん草など

ビタミンB2はレバー、豚ヒレ肉、うなぎ蒲焼、
納豆、牛乳など

ビタミンB6は鶏肉、豚肉、レバー、さば、
とうもろこし、バナナ、インゲン豆、麦など

ビタミンCは、肌の新陳代謝を高めてくれ、
シミとなるメラニン色素をお抑えてくれる
働きがあります。
紫外線により速められた老化のスピードをも
抑えてくれます。

ビタミンB郡、βカロチンは皮膚の抵抗力を
高めてくれる働きがあります。

バランスの良い食事で紫外線対策ができるのですよ。

春は紫外線を浴びる箇所も機会も増えてきます。
またお肌トラブルもおこりやすくなっている時期
少し注意して生活をしてみてください。

いつまでもきれいでいてください。



0
タグ: エステ 美容 健康



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ