2005/9/2

ところ変われば〜 医療編 その1  アメリカ小ネタ集

クリックすると元のサイズで表示します
お世話になってるSharpの病院 初めて見た時、電気会社のSharpかと思った!

水曜日の午後、1時間の手術を受けてきた。
定期健診で子宮にポリープが見つかり、再検査結果、ポリープを取った方がいいことになってん。
思ったよりポリープは小さかったので予定時間より短かったみたい。

検診はやっぱし重要やなぁ〜 若いと思ってたらあかんみたい。
内視鏡手術やし、日帰りなのでよしとしよう。(日本だったらこれまた入院が必要らしいねんけど。これぐらいの病気じゃぁ入院させてくれへん)

1つ嫌なことが全身麻酔。全身麻酔は術後がほんとしんどいねんなぁ〜って思ってたけど、今回は、微熱が少し続くだけで、痛みも全くなく、無事終了!現在、自宅療養中。

麻酔ってとっても不思議。
2回目の全身麻酔だけど、手術室で寝転んで、これが手術室かぁ〜と思っている間に、看護婦さんたちの紹介を聞いて、麻酔医師と挨拶して、その瞬間から記憶がなく、気が付けば、手術も終わって、回復室で寝てる。いったい何があった?っていう感じ。

こっちでの手術は2回目なので前ほど、ビビってない。
つくづく、細木数子の占いで去年から私、大殺界に入ってるのが当たってる気がする。
ちゃんとお払いしたのになぁ。これで、今年はもう何もないことでしょう。
後は、いいこと一杯あることを祈ってるでぇ!

手術の過程は、まず、術前に病院から呼び出しがかかるねん。
その時、手術の前の心得を伝授される。そして、血液検査や尿検査などをして、同意書にサインをする。今回はもうあらかじめ、試験管9本も血を抜いていたので血液検査の必要はなく、尿検査だけをした。

同意書の内容ってとっても変わってて、今回、印象に残ってるのは、
・手術中に宗教的なことで医者が考慮することはあるか?
・手術中、後に精神的な支えになる人(神父さん等)を呼んで欲しいか?
・遺書は書いているか?
・あなたが何かを学ぶ時、一番いい方法はありますか?例えば、読む、見る、書く等

宗教的なことに関する項目って日本じゃあるんやろか?上3つはなんとなくわかる気がするけど。あなたが何かを学ぶ時、一番いい方法は?がどういう風に手術とかかわるんやろ。
これが、一番最後の質問で、えっ?なんじゃこれは?って。
よくわからんのでNoにチェックしてしまった。

その後、痛みについての教育っていうのがあって、麻酔が切れた後、看護婦さんに自分の痛み具合を10段階に分けて数字で言わないといけない。これは、前と同じ。
痛さを我慢する必要はこれっぽちもないので安心。

先生が、手術の後は次の日から Whatever you want to doと言ったことを信じるで〜
と思ったけど、やっぱり、次の日から何でもできるなんて無理でした。
おまけに、不思議とおへそから血が出てきたのでびっくり!
子宮とおへそはつながってるのねぇ〜 
3連休も控えてるっていうのになぁ。。。早くうごうごしたーい。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ