2006/5/28

看護婦さんシステム  アメリカ小ネタ集

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じの病室

木曜日に母が帰国した。本当に感謝しても、したりないくらいありがたいことでした。
帰国前日、運悪く、私の体調は悪くなって、心配させたまま帰国させた感じ。ほんまに、なんでこうなるんやろ。日によって、体調はゼットコースターのようやわ。鬼先生のファイナルテスト(学校に取りに行って(出歩くのって3時間が限度かも。)家でやることになった。)のプレッシャーやら、上げ膳、据え膳の生活からやや自立した生活の疲れですっかり、PCに向く機会が減ちゃった。

さてさて、この2日は調子もよく、体も口も良く動く。と言っても、せっかくの3連休でも、私は自宅療養中なので、出歩くわけにもいかず。混んでる時は、大人しく家でいい子にしているのが、早期回復への道やろなぁ〜と思ってるところ。

私が入院した時の看護婦さんシステムについて紹介。
入院期間が1週間以上になると、看護婦さんのローテーションも一回りするらしい。一回りしても、まだ、私が入院しているもんやから、オバちゃん看護婦さんには、“あんた、家帰るの嫌いなんやろっ!病院が好きなんやろっ!”って言われたり、さんざんやったぁ〜そんなわけ、ないやろっ。
一体、1日何千ドルの入院費用が掛かってるんやろぉなんて考えたら、末恐ろしいぃ。

私の入院した病院は、完全個室。部屋には、洗面所、トイレ、お風呂にシャワーが付いていて、付き添い者用のソファーベット、TVもあった。でも、英語のTVは全く見る気がしなかったなぁ。
部屋ごとに、日々、ルームナース、アシスタントルームナースが決まっていて、時間ごとに定期的に様子を見に来てくれる。日本では、入院したことがないので、これが普通なんかどうかわからんけど。

ルームナースは、12時間勤務で朝の7時から19時。夜勤勤務は、19時から翌朝の7時まで。不思議と夜勤勤務のルームナースは、皆、フィリピン人。昼間のルームナースは、皆、白人。人種で何かあるんやろうか。とっても不思議だった。

続きはread moreへ
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ