2006/6/30

ハートアタック  アメリカ小ネタ集

ポタリーも再開して、お茶も来週から再開して(炉のお手前からずぅーと休んでいたことに気づく)通常の生活が始まりつつ、そこにWカップが入り込んでいるために、朝8時から14時まではTVに首っ丈な私の生活。どの試合もポイントが言えるぐらい見てるわー。わからんところは、ネットでチャックしたりしてるし。ほんまに、一人夏休みを堪能してマス。
明日からは夏!7月だし。
今日から準々決勝の始まり。明日の試合も見逃せない!!

さて、サッカー鑑賞でドキドキすることもしばしばやけど、一昨日、ほんまにびっくりぃーな書類が届いてん。まぁ、最近流行った言葉を使うと想定の範囲内かもしれんけど、それにしてもやっぱり高い。一瞬、数字を見た瞬間、ハートアタックになった気がした。

それは、保険会社から届いた私の5月分の入院費用の一部。
最後のページには、“Continued”と“まだこれは、保険会社の方では承認されてないけど、とりあえず報告しておくわー”みたいな文章が。
さて、ドクター、フィジカルセラピー、看護婦さん以外の医療代が、
52,600ドル(日本円にして610万円!!!!!!!!!!!!) 日本じゃありえへんなー。
10日間そこらの入院代が600万なんて!ベンツが買える!!

確かに個室でバス、ベット付き&24時間完全看護&朝昼夜共にメニューから好きなご飯を選んで注文する方式やったけど、ビビる値段。スィートとも言えない待遇やったけど。この値段を見ると、私はかなりの重病だったんやろか??心臓のバイパス手術って一体いくらかかの??

旦那の会社の唯一いいところは、いい保険に入ってくれているらしいので、私が負担する金額は、最高に払ったとしても10%。でも60万は高いな〜

続きはRead moreへ


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ