2006/10/31

続ハロウィーン コスチュームコンテスト!  アメリカ小ネタ集

昨日の続き。
22時から始まるダウンタウンのコスチュームコンテストにいざ出発!
その日のダウンタウンは、いつもの夜とは大違い。
あっちこっちで完璧なコスチュームをまとった人たちが一杯!!
ここまで大人が気合を入れているんやったら、私も気合を入れたのに。代表的な恥ずかしがりや日本人に属してしまった私は、頭に猫のカチューシャと尻尾を付けるだけやった。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
左:混み混みのダウンタウン 右:ちょっと恥ずかしいので小さめに 
黒い服で一応決めてみた私(中央)
もし、来年居たら、ちょっと変身してみたいわぁ〜ひそかにお姫様衣装とか日本では着れないだろうと思われるミニスカートを履いてみたいなぁ。こっちだったら私でもスキニー(細い)と言われているから。日本じゃ絶対ありえへんけど。

土曜日の午後は90F(32℃ぐらい)まで気温があがり、10月の末で夏のような気温。でも、夜は少し肌寒く、そんなんお構いなしで、サンディエゴならではのコスチューム、水着やらターザンの女性版、ブリーフ姿の男の人やら絶対、東部では見られないコスチュームを着ている人も一杯いた。

コンテスト開場のステージでは音楽が流され、想い想いのコスチュームに身を包まれた人が踊ったり、写真を撮ってもらいたがったりしているので、遠慮なく撮らせてもらいました。
コンテストが始まると舞台の上でエントリーした人が一人一人出てきて少しだけパフォーマンスをして、その後は観客の拍手の大きさで誰が一番かを順に決めていくというなんとも適当な方式。
でも、優勝者には3000ドルが手渡されるから、エントリーした人はきっと手に入れたいことやろ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:コンテスト会場 右:木に変身した大男と水着ギャル??
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:美女と怪獣? 右:ベット男。なんと、このベット男が3000ドルゲットしてんで〜すごく幅広なので、あの混雑の中を歩いてたらめちゃ迷惑やったやろうなぁ〜

ハロウィーンって、子供がコスチュームを着てお菓子をもらいに楽しむだけかと思ってたけど、ダウンタウンでは大人もハジケテ楽しめるんやなぁ〜
アメリカでのいい思い出が1つ増えた〜
でも、久しぶりに人ごみの中を歩いて、しかも長時間立っていたので、夫婦揃って足が筋肉痛&疲労倦怠・・・情けないことやわー
運動不足をありありと感じた夜でした。
0

2006/10/30

ハロウィーンパーティー  アメリカ小ネタ集

昨日でデイライトセービングタイムが終わりましたぁ〜(いつから11月まで延長されるのかな。ニュースではされるって去年言ってたのになぁ。)なので、日本との時差が17時間。
午前2時だったのが、1時になるので昨日は1時間お得!
すっかりまたもやセービングタイムが終わったことをすっかり忘れてて、なんだかお得な気分満載で朝起きた。今日の夕方は当たり前やけど、日が暮れるのが早かったぁ〜

さてさて、土曜日に友達のお家のハロウィーンパーティーに呼ばれた。
初めて大きなかぼちゃを買って、コンテスト用のJack O‘ lanternをみんなで作った。
まずはかぼちゃのふたを切り抜いて、その後、中身を綺麗に取り出す。ここをちゃんとしないと、すぐカビが沸いて腐っちゃうので、徹底的にワタを取り除くねん。それから、目、口、鼻をくりぬいて出来上がり。30分ぐらいで出来るかなぁ〜
久しぶりの工作で童心に帰っちゃった。
初めてのハロウィーンパーティーで初めてのカボチャランプ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:ウォールマートで4ドル弱で買いました。中:フタを切り抜いて中に見える種とワタをカボチャ作りランプ専用の道具を使って作ります。右:私の完成品♪

友達夫婦は2001年からハロウィーングッズを毎年集めてて、家の中にはちょっと怖いぃ〜人形やら置物やらが一杯。かわいさから言ったら、ぜんぜんかわいくないけど、見る分にはめちゃくちゃ楽しかった。無事料理学校を卒業した友達は相変わらず、料理が上手でおいしい。たくさんの晩御飯とデザートが満載。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:大きな幽霊。足まで合ったけど、写し方がまずい。右:ひときわ目を引いたのが指型クッキーのデザート。ちょっとびっくりやろ〜よく出来てて。味は問題なくおいしい!

続きはRead moreへ
続きを読む
0

2006/10/25

読書の秋  ふと思うこと

秋なのに・・・週末は室温32℃でクーラーが必要やった。今日も曇りで涼しくなるかなぁ〜と思ったけど、やっぱり日差し燦々で、車のエアコンは必須のまま。

さて、ここ数ヶ月に読んだ本、日経ビジネスがベストセラーというから、アマゾンで購入してんけど、“国家の品格”、“ウェブ進化論”、“フラット化する世界”などなど・・私にはあんまり興味のある内容ではなかったなぁ〜 
最近、友達から借りた本の3部作の最後の作品“生きがいの本質 私たちは、なぜいきているのか The worth of living”を読んで、もっと早くこの本を読みたかったなぁ〜

著者は大学の助教授で(宗教家でない)、人はなぜ生まれてくるのか?その答えは、生まれてこなければ経験できない貴重な学びの機会があるからこそ生まれてくるのであり、その機会、死、病気、人間関係などの思い通りにならないことを通じて、学ぶことこそが、人間として生きる目的、意義、意味なのだということである。人生をこのような仮説からとらえなおし、新たな価値観へと読者をいざなう。(抜粋)
思い通りにならないことこそ、物質世界が持つ最高の価値であり、たまに思い通りに行くから、そこに喜びがある。

うまく言えないけど、私の過去の出来事でたくさん納得したものがあった。

27歳の時、会社の組織が大きく変わって、部下に自殺者が出たらしいとうわさされる部長とほんまにイケテナイ課長が私の上司になった。私だけじゃなくって、多くの同僚も精神的におかしくなるほど、会社の空気は最悪やってんなー。会社に行くだけで、涙が出そうになったし、死にたいなって思う時も合って、円形脱毛症?っぽくなるし、うつっぽくなってたような気がする。3週間近く会社を休んだしなぁ〜
私は研究開発が仕事だったので、それを言い事に、その最悪な組織の1年は、会社の仕事はほどほどで、自分のために国際学会に出る!という目標だけで生きてた気がする。今考えるといい目標で仕事をしたなぁって思った1年だった。その時に読んでたら、もうちょっと楽に過ごせたんちゃうかなーって今になって思う。

自分が高校、大学の時に死んだらどうなるんだろう??ってよく考えてて、怖くなって、眠れないこともあったけど、その答えも書いてた。自分も含めて人が死に、その後どうなるのかって恐れることはないねんなぁって。いつ自分に死がやってきても対応できそう。

また、親が子供を虐待して殺したというニュースを聞くたびに、子供が親を選択出来て、産まれてこれないねんなーひどい話よなぁって思ってた。子供の中には、お母さんのおなかで過ごした記憶のある子や自分で親を選んで産まれてきた子の話が多数載っていて、驚いちゃった。私もきっと自分の親を選んで産まれてきたのだろう。間違った人を選ばなくってよかったな〜
私自身、いい親を選んでよかったなぁ〜と子供に思われるだろうか。

ほんま、今までにない感覚を呼び起こさせてくれた本でお勧めやで。
他の2冊も読んでみたいなぁ。PHP文庫だし、怪しくはないでしょう。


0

2006/10/21

満足なランチ!  おいしい物食べたで!

友達とランチに行こう!どこに行く?と、いつもの会話。
で、いつものところにする?と言っていたけど、
今しか出来ないこと←今しか行けなくって食べれないところで食べよう!ってことになって、tomoさんが紹介されていたカールスバッドにあるリゾートホテル、Fourseasonsリゾート アヴィエラ内のダイニング、California Bistroでランチバフェを。
どんなところで、どんな味なんやろぉ〜とかなり楽しみに出かけてん。

普段行きなれていない高級リゾートホテル、天気もよくって、青い空、緑の椰子の木、青い海・・・着いた瞬間から私たちはお登りさん状態。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:ロビーを入ったところ 右;ロビー入り口を中から見たところ

11時半にオープンしてから、一番のお客で綺麗に並べられているバッフェにもちろん、一番に手を付けて、食べる!しゃべる!くつろぐ!満足する!満喫すること4時間。お店を後にするのも一番最後やった。4時間も居たとは思えないぐらい時間が短く感じたよぉ。帰ってから体重を測ると先週末、食当たりで痩せた体重がいっきに戻ってたわぁ〜

サンディエゴに来てから見た目&味共に満足させてくれるレストランに久しぶりに出会えたぁ。去年の結婚記念日に言って以来の満足感。ちなみにその時に言ったレストランはこちら(A‘s)

バッフェはとってもおしゃれに盛り付けられて、写真がないのでうまく言えないけど、フランス料理のようにかわいくって、私のお皿に盛るのがとっても躊躇われた。
前菜は8種類ぐらい、メインディッシュは5種類、デザートも8種類ぐらいかなぁ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:メインディッシュ 右:前菜 私の盛り付けイマイチです。

メインディッシュの5種類はすべて食べました〜 どれもおいしくお替りもしちゃいました。
デザートも久しぶりに食べる甘くなくおいしい味にアイスティーのリフィルも進む、進む。

帰りの車の中ではみんながおいしかったねぇ〜満足やったねぇ〜セラブランチやったねぇ〜と口を付いて出てくる言葉はそればっかり。前日、力を入れて作っておいた大好きなカレーライスでさえ、食べる気になれないぐらい夜も一人余韻に浸っておりましたぁ〜

常日頃、ダンナは海外出張で(今月21日間のうちSDに居たのはたった5日間)一人で朝昼晩と食べることがほとんど。友達と話して食べるご飯はそれだけでもおいしいのに、おいしいものをさらに友達と食べるとこんなに幸せな気分に浸れるのかなぁ〜

今度、両親がアメリカに来た時には連れて行きたいとこリストに入りました。
0

2006/10/18

HALLOWEEN〜ハロウィーン  アメリカ小ネタ集

アメリカに来て3度目の10月。今年もミラマー航空ショーとは縁がなく、音だけを聞いて、先週末は過ごしてん。今年は食当たりで苦しんでました。ホント縁がないんやわぁ〜

さて、アメリカのスーパーはハロウィーン色一色。オレンジや黒。たくさんのかぼちゃ。
もともとハロウィーンとは、日系タウン誌によると、アイルランドでケルト民族が悪い亡霊を追い払うために行っていたソーウェンの祭りに由来するもので、それにキリスト教の文化がいろいろ加わって今のハロウィーンになったそうな。亡くなった人の魂がこの世に舞い降りて来て、生きている人に取り付くると言われている日で、それから身を守るために恐ろしい姿で騒ぎ、パレードをしたりして、追い払おうとしているそう。
最近では日本でもハロウィーンって騒ぎ出したと父親から百貨店の写真が届いた。ほんと、スーパーやら百貨店やら売り上げにつながれば、なんでも日本は文化として、吸収しちゃうねんなぁ〜とその写真を見て思った。

さて、去年同様、うちのコンドでは、ハロウィーンの日にバルコニーコンテストが開かれる。しかーし、去年の1等賞金は400ドルだったのが、今年は100ドルに減ったためか、ぜんぜん、バルコニーが飾られてない!!100ドルをゲットするのに、100ドル以上の投資はできひんよなぁ〜

ということで、今年は目を惹くバルコニーが無い!!
唯一、気に入ったのが、照る照る坊主に見えてしまったお化け。よくよく見るとちゃんと頭が尖っててお化けに見える。怖いというより、かわいい
クリックすると元のサイズで表示します

我が家の唯一のハロウィーングッズはこのろうそく立てだけ。
今年はかぼちゃをくりぬいて、Jack O’lanternでも作ろうかな〜
クリックすると元のサイズで表示します

お礼!
日曜日にブログのアクセス回数が40000回に到達しました。
最近は、記事の更新を怠っているのに、見ていただいて感謝してます。
ありがとうございました!!
0

2006/10/13

生活音  ふと思うこと

私が住んでいるコンドミニアムは地下1階、地上3階建て。私の部屋は地上2階部分。
サンディエゴの建設中の建物は、素人目ではあるが(きっと日本の大工さんが見ても)、いとも簡単にベニア板で作らていて、大きな地震が来たら間違いなく潰れるような感じでできあがっている。雨もめったに降らないので、大雨が降ると雨漏りをするという話はよく聞くこと。

そのため、防音効果がゼロに等しく、音楽をガンガンかけると音は漏れるし、上階の人がドタバタと歩く音はよく聞こえる。ハイヒールで歩き回られたり、子供が走り回ったら、ミニ地震のように壁に響く。

さて、こんな感じのところに私は住んでいるので、最近、悩み事があるねん。
熟睡がここ数ヶ月出来ず、1週間に2,3回は下の部屋でなる目覚ましのアラームで目が覚める。朝の5時頃、運悪く私の眠りがどうも浅いようや。今週は水曜日から今日まで、朝5時にピッピッという音で起こされた。このピッピッの音、1分やそこらでまったく止める気配はない。最低、20−30分続き、止まったかと思うと5分後に鳴り出す。起きるまできっと格闘してるねんけど、目覚ましが鳴り止むのは6時とか6時半ごろ。よくもまぁ〜1時間半も煩い音にがまんできるんやろぉ〜と思う。

朝なので周りも静かだから私の部屋にも響く音量。さぞかし、部屋では鳴り響いているはずなのに。でも、最近はあまりにも長くなり続けるので、床を蹴ることにした。そしたら、止めてくれる。
これって、生活音だから、文句も言えないし・・・おかげで自然に時差ぼけになってしまい日中眠い!

日本では、最上階に住んでいたので、ぜんぜんお構いなしに、お風呂の残り水を使って洗濯機を回したりしてたけど、この音、ひょっとして下の階の人に響いてたのかなぁ〜と我が身を振り返っちゃった。
0

2006/10/9

お月見茶会  一期一会のお茶体験

10月6日金曜日は十五夜。
新聞を読むと、“中秋は旧暦8月の異称で、十五夜の満月を中秋の名月と愛でるが、実際のお月様の具合は、今年は旧暦8月15日の日よりも16日(今の暦で10月7日土曜日)の方が、まん丸に近い。月には、そういう満ち欠けと暦の関係をはじめ、知っているつもりでよくわからない謎がたくさんある”そうです。(日経新聞)
そんなまん丸お月様に会える土曜日にお月見茶会があった。
クリックすると元のサイズで表示します
駐車場で撮ったまん丸お月様
アメリカ人の友達に日本では、満月には、そこでウサギが餅つきをしているって小さい頃信じてたよって言ったら、面白いお話ねーって言われた。

軽食を食べた後に、LAから来られたお坊様が座禅のお話をされて、実際、20分ぐらい座禅(もちろん、板の間なんてホールにないので椅子に座って)をした。
クリックすると元のサイズで表示します
お説法をするお坊様

座禅の基本は無心になること。
お坊さんが動作には何かしらの目的があるけど、座禅には何もないというお話から始まった。
初めに、今居るところを想像してください。ここはアメリカです。その下は大地です。海があります。地球の表面です。マントルですなど雄大なものを想像していき、最後は無心になる。ここの禅寺の座禅は目をつぶるのではなく、目を開けて壁を見る。
なかなか無心になるのは難しく、ついいろいろ考えてしまった。でも、最後の方は、なんだか自分がぼぉ〜ほんわかした心地になった。周りが静寂してたので、人が咳をするだけで体がびくついてしまいました。こんなところで、座禅をするとは思いがけない経験やったぁ〜

座禅の後は、庭に出て、月を見ながらの野点お茶会。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
左:ススキとお月見団子 右:お手前中(友達に載せることを言っていないので小さめ)
昼間はまだ夏真っ盛りのSDも夜はさすがに肌寒い。着物を着ていてちょうどいい感じなのではないかな?半そでだときっと寒いやろなぁ〜

ところで、お月見団子、真っ白い団子をピラミッドのように積んでいるのが一般的なイメージ。私の中ではお月見団子は、細長く甘みのある餅にあんこが、卵のにぎりののりのように付いているのが普通と思ってた。9月、10月になると和菓子屋さんで売られているのをよく見かける。でも、このお月見団子、関西しかないのでは?って友達と話していて気が付いた。
ネットで調べたら、やっぱり私の知っているお月見団子は関西だけやったみたい

SDに来て、関西圏以外の人に出会うことが多く、同じ世代でも共通認識が出身地によって違うねんなぁ〜って感じることがよくある。これが、まして、育った環境が全く異なって、世代が違い、出身地も違えば、日本語でも何を言っているかさぁ〜っぱりわからず、なかなか理解できないのは、当たり前のことかもしれないなぁ〜と改めて認識!
0

2006/10/6

LAダウンタウン  旅行日記

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりのLAダウンタウン

LAの日本国総領事館に行ってきた。
なぜなら、ダンナのパスポートの残存期間が6ヶ月を20日切っていて、インドネシアにはいれなかったから。チケットさえも発行されず、3年3ヶ月ぶりに日本の地を踏めた喜びの場所から泣く泣くUターン。慌てて取りに行ってん。あぁ〜知らないと痛い目に会うな。私は私で2年間の有効期限のI−94が切れるから只今、移民局で延長の手続き中。ということは、2年も日本へ帰ってないねんなぁ〜かなしぃ〜

LAのダウンタウンをこんなにうろうろしたのは初めて。領事館での手続きを11時半までに終わらせたら、パスポートを即日発行してくれるねん。これは、めったにないサービスだそうで。
9月30日にわざわざ領事館がSDへ出張サービスしてくれてたのに、その時は出張中で行けなかったしなぁ。
余裕を持って10時15分頃到着したものの、なかなか住所に着かない!!MAPQUESTを印刷して指示通りに到着するも辺りをグルグル回る羽目に。駐車場に入れても空きがゼロで出ないといけなかったり。で、結局、領事館に電話をしてナビをしてもらいました。
S.Grand aveと住所はなってたけど、平行に走っているOlive aveのカリフォルニアプラザの駐車場に入れて、その駐車場の上に建っているビルでした。S.Grand ave沿いの駐車場に入れてたらかなり歩いてないとあかんかったわぁ〜しっかし、LAの駐車場は12分3.5ドルとびっくりな値段!!

さて、無事に申請を終わらせ、パスポートが出来上がる15時半のピックアップの時間まで約3時間以上あるので、ランチをすることに。
友達お勧めの“寅福”という日本食レストランに行ってきた。お店の外観は普通で、中に入ると純和風な日本食レストラン。夜はいろんなメニューがあったけど、昼は限られたランチメニューだけ。
私は“天丼と五目うどん”を食べましたぁ〜五目うどんが関西風で懐かしい味。お出汁をたっぷりいただいたでぇ〜SDでは食べれない出汁の味。地元の釜せいの味を思い出して懐かしさに浸ったよぉ〜ここまで来れば、満足なものが食べれるねんや!
クリックすると元のサイズで表示します
おいしかった天丼&関西風ダシうどんでーす。また行きたいなぁ♪

Read moreへ続く

続きを読む
0

2006/10/1

ヒルクレスト  ふと思うこと

今日からなんと10月!!9月の1ヶ月も早かったなぁ〜

父が来た時に行ったタイレストランがあるヒルクレストを紹介。
ここは、サンディエゴのゲイの人達や性犯罪を以前犯した人が多く住んでいる地域(HPで見るとかなりびっくりな地域やでー)との認識が多い。同性のカップルをよく見かけ、お店には、レインボーの旗が掲げてあるところが多い。なぜかしら、タイレストランも多い。偏見やけど、タイ=おかまちゃんボクサーのイメージが私の中で強いから、ヒルクレにはタイレストランが多いんかなぁ〜と思ったり。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょうどUniv.aveと4thと5thの間にあるヒルクレ看板

でも、一方では、個性的なお店が多くって、中古本屋さん、雑貨屋さん、個性的な服屋さんなどなどお洒落なお店も多い。昼と夜の雰囲気がぜんぜん違って、お昼は手軽に美味しいランチができるお店が多いねん。夜は、どこもかしこも混んでいて、若い人が多くめちゃくちゃ活気がある。ただ1つ問題は、駐車場がなかなか見つからない!これさえなければ、とってもいい所なのにな。

私は、ヒルクレストをぶらぶら歩くのが好きやねん。
そこで、とってもこの前は変わったものを見つけた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

“ヒルクレスト★丘の頂き”、“乾杯”、“みんな起きて、ハッピーアワーの時間帯ですよ”と。字からして、日本人が書いたようには思えず、思わず、噴出してしまって写真を撮っちゃった。
どうして、この町にこんなのがあるのかな??日本人が多く住んでるって聞いたことないし。芸術の町でもあるのかな?
何でもありなので、こんなもんもあるんやろなー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ