2007/11/24

After Thanksgiving day  アメリカ小ネタ集

昨日は、ブラックフライデー(Thanksgiving Dayの次の日)と言って、その日限定でとっても安い品物が出る。例えば、ラップトップコンピューターが先着10名様200ドル。これを手に入れるために前日から並んだりしている。日本の初売りの福袋に似た感覚。近くの電気やさんに買い走る人のニュースは圧巻やったぁ〜

何かいいものが手に入らんかなぁ〜と、私も朝からモールに出かけてみた。ある有名子供服売り場、40人以上余裕でレジに並んでたわぁ〜セール品を含めて全品さらに30%オフでした。あの長い列を見て諦めましたとさ。唯一の戦利品は、違うお店でパジャマを安くゲット。これで満足して帰ったよーん。

感謝祭に食べる料理は、日本で言うお正月に食べる料理のような感覚。毎年、この日にこの料理を家族が集まって食べるのを楽しみにしている。感謝祭が終わったら一気にChristmasへと盛り上がって今年も終わるのでした。アメリカで飼育されているターキーの数は、2億7200万羽だそうです。詳しい感謝祭のことはこちら
クリックすると元のサイズで表示します
昨日の晩のご馳走でーす。ターキーにハムに。
サイドメニューには、さやえんどうとターキーベーコンの炒め物、マッシュドポテト、スピニッチサラダ、それと今回初めて食べたキャンディーヤム。デザートはもちろんPumpkinパイ。

さてさて、初ターキー、友達のダンナ様のお手伝いで無事美味しく焼きあがったで。ターキーを焼く専門のビニール袋を使って2時間半オーブンで焼いてん。いい匂いがプンプン。焼いたターキーの重さは20パウンド(9Kg。うちのちびっこより重い!)。Thanksgiving dayにターキーを焼くのは男の人の仕事やなぁ〜 出来上がったターキーの切り分けも友達のダンナ様がやってくれました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
こんな大きいヨォ〜大人8人で食べても余った!今晩も食べたけど、まだ余る。

続きはRead moreへ
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ