2006/5/28

看護婦さんシステム  アメリカ小ネタ集

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じの病室

木曜日に母が帰国した。本当に感謝しても、したりないくらいありがたいことでした。
帰国前日、運悪く、私の体調は悪くなって、心配させたまま帰国させた感じ。ほんまに、なんでこうなるんやろ。日によって、体調はゼットコースターのようやわ。鬼先生のファイナルテスト(学校に取りに行って(出歩くのって3時間が限度かも。)家でやることになった。)のプレッシャーやら、上げ膳、据え膳の生活からやや自立した生活の疲れですっかり、PCに向く機会が減ちゃった。

さてさて、この2日は調子もよく、体も口も良く動く。と言っても、せっかくの3連休でも、私は自宅療養中なので、出歩くわけにもいかず。混んでる時は、大人しく家でいい子にしているのが、早期回復への道やろなぁ〜と思ってるところ。

私が入院した時の看護婦さんシステムについて紹介。
入院期間が1週間以上になると、看護婦さんのローテーションも一回りするらしい。一回りしても、まだ、私が入院しているもんやから、オバちゃん看護婦さんには、“あんた、家帰るの嫌いなんやろっ!病院が好きなんやろっ!”って言われたり、さんざんやったぁ〜そんなわけ、ないやろっ。
一体、1日何千ドルの入院費用が掛かってるんやろぉなんて考えたら、末恐ろしいぃ。

私の入院した病院は、完全個室。部屋には、洗面所、トイレ、お風呂にシャワーが付いていて、付き添い者用のソファーベット、TVもあった。でも、英語のTVは全く見る気がしなかったなぁ。
部屋ごとに、日々、ルームナース、アシスタントルームナースが決まっていて、時間ごとに定期的に様子を見に来てくれる。日本では、入院したことがないので、これが普通なんかどうかわからんけど。

ルームナースは、12時間勤務で朝の7時から19時。夜勤勤務は、19時から翌朝の7時まで。不思議と夜勤勤務のルームナースは、皆、フィリピン人。昼間のルームナースは、皆、白人。人種で何かあるんやろうか。とっても不思議だった。

続きはread moreへ

私は、この看護婦さん達に、不眠症に陥らされた。私の今回の病気は、自分で尿ができないもんやから、尿管をつけててん。これを付ける時は、痛さで毎回、涙がちょちょぎれる。この尿管のせいで、看護婦さんが数時間おきに尿の量を測りに来る。

私の最後の薬は、毎回夜の23時。普通ならここから、朝の4時までは寝れるはずやねんけど、私の場合は、1時、2時、3時に看護婦さんがやってきて、尿を測るねん。その時に、寝かける私に、誰か来てもう尿量を測った?って聞く。そんなん知らんちゅーねんって思いながら、寝ぼけ眼に答える私。これがやっと終わって、やっと熟睡に入った頃に、Good morning!って朝の4時にやって来て、血圧、脈、体温を測る。ほんでもって、また、うとうとすると、今度は、体重を測るからって言って、起こされる。5時になると、今度は、血液検査って、私の腕をドラック中毒者のような腕にしてしまったおばさんやおっさんが現れる。どうして、3つ一緒にしてくれないんやろぉ〜

と、こうやって日々、よくて3時間ぐらいしか寝られない日が続くので、病気も治るに治らん感じ。
入院すると、普通の人を病人にしてしまう効果があるような気がしてならないなぁ。

最後の2日間は、自分でおしっこをしなあかんっ!って看護婦さんに、何時までにトイレに行かなかったら、尿管くっつけるし、退院もさせないからと、精神的プレシャーを受けながら過ごしたり。ほんまに、看護婦さんの威力はすごいもんやなぁ〜って思った。最後に、散々、私をびびらしたジェニファーのおかげで、退院できたのかもしれないなぁ〜とフト思ったり。

健康は、崩してから気が付くけど、尊いもんやなぁ〜って。
病気にならない、負けない体作り目指します♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ