2007/9/14

初ベビーシッター  どうなる?!家族が増える!

毎週、木曜日、私は夜のカレッジのクラスに行く事にしてん。ただてさえ、忙しいんやけど、どうしてか続けたくなってしまいました。ダンナは出張だったので、ベビーーシッターさんに来てもらうことに。日本で保母さんをされてて、こちらでもChildren developmentを専攻されています。なので、安心。

最近、ちびっこの1人が人見知りをする。前、友達と一緒に散歩してたら、顔見知りのご近所のおばちゃんが近寄って顔を覗かせた瞬間、大泣き。。友達が言うには、赤ちゃんは、顔にしわがたくさんある人を見ると泣くねんでぇ〜って教えてくれた。
なるほど、良く考えたらそうかもしれない。
赤ちゃんは、自分も赤ちゃんのくせに、赤ちゃん、お母さん、若い人が大好きらしい。

で、シッターさんは私より若いのできっと大丈夫や〜 案の定、大丈夫でしたっ!
自分達から近寄ってた。うちのちびっこ、今から若い女の子が好きなんやわぁ。色男!

私が帰った時には2人ともベットでスヤスヤ。途中、眠たくて寝れなくってグズッそうやけど、シッターさんは大丈夫でしたと言ってくれました。来週も頼む予定。

預けた事を忘れて授業に集中できたのは初めの2時間。21時を過ぎると早く終わらんかなぁ〜と気が散ってしまった。カレッジの授業の特徴は、先生が話していても、アメリカ人の生徒が思った事を突然話しだして、脱線する事多々有り。昨日も今、そんな話せんでええやろぉ〜と思うことで時間が取られ、結局終わったのは、21時50分。先生も予定をしていたクラスアクティビティーができずにちょっと残念やったわー。来週にまわすそうな。

私が日本で受けてきた授業は、めったに生徒が自分の話を話しだしたりはせず、ほぼ受身の授業。質問がある時だけ発言したり、その質問が授業を中断するようならば、終わってからほとんどの人は聞いてたな〜 こちらは、自分達が積極的に参加する形。先生が今言ったやんか〜って言うことも平気で質問ですがと聞き返す。それって、授業聞いてないだけやん!ってことも多い。

自分の意見をはっきり言える教育がなされているのは良くわかるけど、あまりにもトンチンカンな事を発言している人が多いので、自己主張が自分勝手やなぁ〜と思うことが良くある。
結局、周りを気にせずに、自分が思うことをしたらいいやん!っていうのがアメリカの教育に多いのかも。そう思うと、わりと周りにもこんなタイプの外人が多いな。

今回取ったクラスは、In Classで討論することが多いから私はどこまでついていけるかわからんけど、いろんな人の助けを借りて、がんばってみたい。

初っ端から私は発言が少ないから、貴方が何か話しなさいよ〜とおばちゃんに言われて、固まってしまったのでした。言葉が少なくっても内容があったらいいやんっ!
内容も無いってかっ?!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ