2013/8/20

クルーズ旅行3  旅行日記

久しぶりにいつものスーパーに買い物へ。
末蔵がロング スティッカー プリーズ とまいど言うけど、大抵、5−10枚シールをもらうだけです。が、今回はいつもと違う。レジのおねえさんが若い!学生だ!なんと、スティッカーのロールを引っ張る引っ張る、まだ、引っ張るか?!というほどくれました。
3人で仲良く分けるのよ〜すごく喜んでくれてうれしいわ〜と。さて、数えてみると113枚ありました!太っ腹!

クリックすると元のサイズで表示します
4m近くあるんちゃうかな??

クルーズ、寄港地に寄らない海の上で何をするか?ですが、
18歳以上しか利用できないプール、ジャグジー、レストラン、バー
13歳から17歳のユース専用のプール、遊び場
3歳から12歳までが遊べるスペース(8−24時まで預けれます)、
うちの3兄弟はここに預けたんやけど、ゲームがあったり、映画を見たり、科学的な実験をしたり、お料理をしたり、スポーツをしたり、何時からどのイベントがあるのか前日に時間割が配られます。
0歳から3歳まではナーサリーが設置されていて、中を見ていないのでわからないけど、もっともっと見てくれる人が多いのではないかな??

さて、私たちも3歳から12歳までが楽しく遊べるスペースを利用して、久々にディナーに行きました。REMYと言って、映画のレミーのおいしいレストランをモデルにしたフランス料理のレストランが船の最上階にあります。

いつも賑やかなちびっこ隊と子供も遊べるプールで遊んでいるので、この船の中にこんなにゆったり時間が流れていて、静かで、一流レストランがあるとは思いもよりませんでした。
もちろん、ドレスコードがあってFormal。
(毎晩頂くレストランでもドレスコードがあって、Formal、Semi-formal、Cruise casual
Formal nightではみんなの正装姿に度肝を抜きましたが、次回追って。)
私も結婚式出来たドレスを1回しか着たことがなかったので持参しましたが、こちらのドレスと違うので、次回、もしクルーズに行く機会があったら、絶対、もっとおしゃれしたいなと思いました。

さて、料理ですが、アメリカンシェフとフランスシェフがいます。サーバーのお勧めで二人違うのを頼んでシェアすることに。どの料理も味、見た目とても楽しむことができましたよ!シャンパンから始まり最後のコーヒーまで3時間以上かけて頂きました。あぁ〜幸せ〜
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
レストラン入口と通路
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
テーブルと部屋に入る瞬間に迎えてくれるガラスのレミー

さて、料理ですが、アメリカンシェフとフランスシェフがいます。サーバーのお勧めで二人違うのを頼んでシェアすることに。どの料理も味、見た目とても楽しむことができましたよ!シャンパンから始まり最後のコーヒーまで3時間以上かけて頂きました。あぁ〜幸せ〜


クリックすると元のサイズで表示します
前菜。トマトとズッキーニの上にアイスだったような。この前菜の前にシャンパンとトマトスープをコロッケにしたような一口サイズの料理がでました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:フランスシェフ トマトソースの上にムース。これは絶品!!右:アメリカシェフ ロブスター。ソースがおいしかったなぁ

続きを読むへ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:F サーモン 右:A たぶん鱸。これも絶品

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
右:F たぶん鱸。特別のソースを使ってると説明があったけど、その名は”ポン酢ソース”もう世界語になってしまったのかなぁ 左:チキン

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
右:F グゥカモレとステーキ 左:なんと黒豚のナンチャラ〜と説明されてました。黒豚ももう神戸ビーフと同じくらいブランドになってる感じです。。絶品

この後、チーズの説明があって好きなだけ頂けました。

で最後、デザート
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
右のフランスシェフのデザート、上品で絶品!!左は、見た目にもアメリカシェフっぽいね。

これで終わりと思いきや最後のコーヒーとともに2皿またチョコ盛り合わせ
クリックすると元のサイズで表示します

最後にシェフが出てきてご挨拶。
そして、私には赤いバラ1本、旦那にはチョコレートの箱をもらって帰りました。

機会があれば、また、このようなレストランに行ってみたいな〜
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ