2009/8/8

蓮まつり  蓮写真

今朝は町田市大賀藕絲館の蓮まつりに行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝ごはん抜きで行ったので、まずは腹ごしらえ。
蓮の実ご膳をいただきました♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ハスの実入り味噌のお味噌汁。
トッピングにはハスの若葉の巻き葉が浮かんでいます。
蓮根とハス若茎の酢漬け。
ハスの実プチケーキ。
ハスの実おこわ。
ハス葉茶(これだけ茨城産)
どれもおいしかったです♪

クリックすると元のサイズで表示します

おこわには蓮の実がごろごろ入っています。
よくみると青い芽が入っているものも。
添え書きには「蓮の実には蓮心と呼ばれる芽があります。
お召し上がりになった時に多少苦味がありますが、
気持ちを鎮める漢方薬になっています。
安心してお召し上がりください。」
とありました。

ハス葉茶は飲みやすく、ベトナムの花蓮茶よりおいしい。
ハスの実プチケーキは絶品。国産小麦に四葉バター。
町田カトウファームの卵と素材にもこだわってます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

お菓子おいしかったので、常時ぐうし館で買えるのか
聞いてみたのですが、いつもというわけではないそう。
ご予約いただければとの話でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ハスの実入りのお味噌なんて初めて聞いた。
もちろんこちらもお買い上げ。


クリックすると元のサイズで表示します

体験コーナーもありました。
写真は茄糸(蓮繊維)織体験コーナー。
他にも生葉染めハンカチ体験などもやってました。

藕絲館のなかでは様々なハスの実を使った製品も
売っています。

今日、目に付いたのはこちらの蓮紙。

クリックすると元のサイズで表示します

100%蓮で作った紙。
お寺などから注文が来たりするそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは「藕絲(ぐうし)」と言って、ハスの茎から抜き出した
クモの糸のような細い糸をつむいで織った「藕絲織」。
真ん中の香袋は20万円!!
とても貴重なものなのですね。


クリックすると元のサイズで表示します

藕絲館のシャトルバスが無料で蓮田にも連れて行ってくれます。
蓮の説明をしてくださるスタッフがいて、勉強になりました。


クリックすると元のサイズで表示します

そして、最後は蓮生花販売コーナーへ。
花は1本350円。3本で1000円。
花托は1本250円?葉は1本50円。

蕾だと花が開く可能性は50%。
大きな蕾みは今日咲いた1日目の花だから
楽しめるのは2日間とのこと。

切花になると自分で開く力が弱いので
明日開きそうだったら、そっと指で花を開くのを
手伝ってあげるように言われました。

明日の朝起きたら、部屋が蓮の香りに包まれるかも。
楽しみです。

明日も朝7時からお昼12時までやってます。
お近くの方は是非おでかけください。

町田市大賀藕絲館のHP
http://www13.ocn.ne.jp/~gusikan/index.html


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ