2011/1/14

フィギュアスケートCD  フィギュアスケート

買っちゃいました。
高橋大輔選手のCD♪

クリックすると元のサイズで表示します

去年のCDはamazonのレビューでは音源が違うと
評価が低かったため、購入しなかったのですが
今回はみなさん☆5つついてたから、いいかなと。

ジャケットの表情もいいですね。

今シーズンのショート・フリー・エキシビ&
実際に滑っているのを見たことがない曲も入っていました。

今シーズンのエキシビはランビエール振り付けの「アメリ」
ですが、The Crisis(映画「海の上のピアニスト」より)
というのも用意していたのかな?
不協和音いっぱいで、どんなプログラムになる予定だったのか?

聞いたことあるクラシックも入ってた。
グリーグ・ペールギュント組曲第1番Op.46(朝~山の魔王の宮殿で)
なるほど〜、これがランビエールが振付けたSPですか。
わかる気がします。
このプログラムも見てみたかったですね。

OCEAN WAVES
こちらはカメレンゴさん振り付けで一度だけショーで
披露して幻となった曲だそう。
聞きなれるとピアノのたたみかけるように重なり合う音が
心地よく、気に入りました。

高橋大輔選手はこの曲を

「ピアノの音がとても好き。僕はピアノを弾けないけれど、
鍵盤への指のタッチの強弱だけで聴かせているのがすごく
キレイで、色々な波の風景が浮かぶイメージ。」

と評しています。
結局はメリハリが少ないということで、候補落ちしたそう。

先日、読んだ本でカメレンゴさんがアリッサ・シズニーに
振付けた今シーズンのフリーでこの曲を一部使っていると知り
改めてグランプリファイナルの映像を見直したら、
確かにこの曲でした。
シズニー選手の美しいスピンとこの曲があいまって
素敵なプログラムとなってますよね。

高橋大輔選手だったら、どんな波を表現したのか?

「ウィンター・イントゥ・スプリング」 ジョージ・ウィンストン
というアルバムに入っている曲とのことで、早速図書館HPで
ネット予約入れました♪

ブエノスアイレスの四季(冬~春)は名プログラム。
「せつない暗さで胸がグッと締め付けられるような感じと、
リズムのカッコよさが好き」
と本人が語っています。

もちろん曲もいいのですが、カメレンゴさんの振り付けも
むちゃくちゃかっこよい。
せつない感じ、出てます。
世界選手権でこのプログラムが完成するところをみたい。


La Strada(映画「道」より)
バンクーバーオリンピックでのフリープログラム曲。
この曲を聴くと、演技を思い出して胸が熱くなります。

去年のスターズオンアイスで、短いバージョンを披露してくれて
生で演技を見た想い出もあります。


同時発売のDVDもファンの間では評価高いようで、気になります。
振り付けシーンとかは見たいかな。
もしも、ランビエールが映っていたら、迷いなく即購入したのに。

そうそう、全日本選手権後のメダリストオンアイス。
BS再放送ではランビエールの「椿姫」とアンコールで
「ウイリアムテル」が観られました♪
解説なしの会場音だけで観ると、美しさにうっとり。
お宝映像となりました。

男子スケーターでは永遠に一番好きなのはランビエールですが
現役スケーターの中では今シーズン一番好きなのは
高橋大輔選手のフリー。
是非とも世界選手権2連覇してもらいたいですね。

ただいまイープラスのプレオーダーはずれて、
2次プレオーダーに申し込み中です。
プレオーダー、男子ショート・男子フリー・女子フリー
すべて抽選にはずれました(涙)
こんなにチケット取れなくなるとは。

東京で世界選手権、4年ぶりですからね。
是非とも生観戦したいです。
今度こそ、当りますように。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ