2011/2/2

リリエンベルグの夢の庭  私の庭

昨日何気なく、本屋さんで雑誌『マイガーデン』を読んでいたら
リリエンベルグの写真が飛び込んできました。

さらにめくって次のページの写真に一目ぼれ。

クリックすると元のサイズで表示します
(画像は『マイガーデン』のHPより借用)

あの草屋根、春にはこんな風景になるんだ。
ルッコラの白い花、水仙、クローバー、アジュガなどが見えます。
素敵すぎます。

右上にワンちゃんが一緒に写っているのがまたかわいい♪

草屋根で育てたルッコラを摘んで、サラダにしているそう。
ルッコラ摘み、気持ちいいだろうなあ。

いつもケーキを買いに行くと、お店の中から眺めていた中庭。
旦那さんともセンスいいよね〜とよく話していました。

お店の外回りの植物も手入れが行き届いていて
どうしてこんなに上手に育つのかななどと思っていました。
その憧れの庭が美しい写真で見られて幸せ。

「まだ誰も見たことのない、夢のように美しい
シークレットガーデンをご紹介しましょう!」
との雑誌の言葉に嘘はなかったです。

草屋根に直接タネをまいたクリスマスローズが3年で花盛りに
なったとのことですが、見事な大株です。
ここ、お客さんは見えない場所の屋根ですね。

今までの草屋根の概念が変わりました。

八ヶ岳倶楽部でも草屋根やっており、木も植えたりして素敵と
思っていましたが、リリエンベルグの草屋根は野原のようです。

草屋根の面積が広いから、そんなふうに感じるのだと思いますが、
植物の組み合わせがいいですね。
芝だけの草屋根なんて、つまらないですよ。

いつもモンブラン目当てに行くことが多いので、晩秋の風景
=草屋根にコスモスや枯れ草があるのは見ていたけれど
春は見たことがありませんでした。

この春はおいしいケーキと草屋根を見に、またリリエンベルグに行かなくちゃ。

そして、ますます我が家の草屋根計画も夢で終わらせたくないと心に誓いました。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ