2009/6/17

山紫陽花の花かご  私の庭

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のお休みは夕方雨が降り出す前に、山紫陽花の剪定をしました。

装飾花と呼ばれる外側の花が裏返ったらすぐ剪定をするとよいそうです。
本を見ながら、芽があるところで枝を切ったつもりですが、ちょっと心配。

まだ2年目と思われる小苗を購入したので、背丈も30cmほどと小さく、挿し木で増やす段階には達してません。

紫紅梅という品種だけは咲かなかったのですが、これから咲くのか?
また来年になるのか?

剪定したもののうち、まだきれいなものは花瓶に差して、家の中で楽しむことにしました。

紫陽花もドライフラワーにできるのかなとsachikoさんにおしえていただいた電子レンジでつくるドライフラワーを試してみましたが、仕上がりがいまいち。

ネットで調べてみたところ、紫陽花は水に挿したまま少しずつ乾燥させてドライフラワーにするドライインウォーター法というのが向いているそうなので、試してみることに。

上手くいけば、1〜2週間でドライフラワーになるそうです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ