2011/7/29

和歌山 蓮旅 その3  蓮写真

7月16日3つ目の蓮池は大賀池。
こちらは和歌山大賀ハス保存会が保存・育成のために管理しています。
到着が夕方だったので、場所の確認と明日咲きそうな蕾をチェックしました。

そして、7月17日朝、宿で朝食を済ませ大賀池へ出発!!

本当は宿でレンタサイクルをして行くつもりが、ネット情報に
間違いがあったようで、自転車が借りられず、どうしようと
思っていたら、おかみさんが車を貸してくださいました。

道成寺への行き方なども尋ねていたら、出発が遅れ
池に到着したのは9時でした。

坂を下るときにカメラを持った人とすれ違いましたが
到着した時には他に人はおらず、蓮池を夫婦二人占め。

周りの小高い丘には別荘が建っていました。
すぐ近くにはオートキャンプ場。そして海もすぐ近く。
静かないい場所。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口に看板と石碑


クリックすると元のサイズで表示します
大賀博士と阪本先生、何を指差しているのでしょうか?

この大賀池の大賀蓮は大賀博士ご自身がいらして
蓮根を移植したとのこと。
各地で大賀蓮を植えているところは多いけれど
大賀博士が直接分根に関わり、現在も株が残っているところは
5箇所ほどとのこと。
その一つにあたるここ大賀池はとても由緒正しい池なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この日は8個花が咲いていました。


クリックすると元のサイズで表示します
葉っぱの形もかわいい

クリックすると元のサイズで表示します
これから開く巻き葉

クリックすると元のサイズで表示します
花が終わった後

クリックすると元のサイズで表示します
葉っぱにとまる赤とんぼ

クリックすると元のサイズで表示します
蕾にとまるシオカラトンボ

クリックすると元のサイズで表示します
アメンボとカエル

クリックすると元のサイズで表示します
ヌマエビ

メダカにオタマジャクシもいっぱい泳いでいました。
たくさんの生き物がいるっていいですね。
自然の中にある蓮池が一番。


陽射しが出てくると花の印象がまた変わります。
光を浴びる花を撮るのも私は好きです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
反対側からの写真。レンタカーの先は海。

こうして、ぐるぐると何度も池を巡り、写真を撮っている間
旦那さんは木陰の椅子に寝そべっておりました。

私も椅子に腰掛けると、聞こえてくるのは波の音と蝉の声。
目に入るのはひらひらと飛ぶ蝶にトンボ。
そして、緑の風景。
なんだかの〜んびりとした1時間を過ごしました。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ