2012/8/25

ベトナム蓮旅  蓮写真

8月ももうすぐ終わり。
まだまだ昼間は残暑が厳しいけれど、陽のあたり方が変わってきており、季節が動いていることを感じます。

我が家の茶碗蓮「菊花粉」は7号が今日開花3日目。
8・9・10号の蕾も出ており、元気です。
(5号のみ蕾のまま、枯死)

家で蓮の花が見られるって、幸せ。
後は大賀蓮が咲いてくれれば。

さて、今日の写真は7月のベトナム・ハノイの花市場の続き。
青い花托がたくさん摘まれています。
おそらく食べるように売られているのだと思います。

私もお寺の入り口で蓮の花托売りのおばあさんから
買って、まだ青い蓮の実の皮を剥いて、食べてみました。

う〜ん、おいしいとは言えなかったかな。
でも、素朴なおやつ代わりにベトナムの人は食べるのかしら?

この日は大量の百合の花が売られていました。
7月はちょうど百合の季節だったようです。

蓮の花コーナーは奥にまとまっていました。

この写真右側にはバリのホテルでよく飾られている
チュベローズの花もありますね。

もっと長く滞在するのだったら、花市場でお花買ってみたかったなあ。


クリックすると元のサイズで表示します


ところで、バリ島の棚田が世界遺産になったというニュースを見ました。
5箇所ほどが指定されたそうです。

その中に私も訪れたことのあるジャティルイの棚田が含まれていました。
あの美しい田んぼ風景がずっと残されるのは嬉しいことですが
世界遺産に指定されたことで、観光客がどっと押しかけ
別の困った問題が起きないとよいのですが...

とはいえ、田んぼ好きの私としては嬉しいニュースでした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ