晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
 しばらく忙しくしているうちに時事問題を全く書いておりませんでした。共謀罪のこと、米国産牛肉再開のこと、政府系金融機関のことなどは、他のブログでもよく書かれていますので譲ります。この間の出来事の中で、私にとって一番心配だったのは、WTOのドーハ・ラウンド...
<a href="http://www.sankei.co.jp/news/060627/sei108.htm" target="_blank">自民党で増税論議活発化 町村氏「消費税率は10%に」</a>何気に増税なくして・・・と言うのが最近の...
おーるさんが、突然なくなられたのが、3月。

まだ、十分にネットでコミュニケーションの取れない私が、メールでお話できた数少ない方でした。

コメント欄とメール欄を設ける前に、メールをしていました。

不勉強な私の意見にも耳を傾けてくださり、気持ちよく、...
昨日のコメント欄で私のエントリー中の言葉でwingさんからのご要望。
『前世の自分が出した宿題』ってのが気になりますまた機会があれば是非記事にして下さい
と頂きましたので早速書こうとしたら・・・4年前の日記に似たよ〓C
1.★阿修羅♪の記事から



小泉首相、「夢かなった」と大興奮=聖地で米大統領とプレスリー堪能より
 
【メンフィス(米テネシー州)30日時事】「夢がかなった」。30日午前(日本時間1日未明)、小泉純一郎首相は訪米最後
隣家とアパートの間に一本の山ビワの木が生えている※.樹高6メートルくらいで窓を開けると手が届く位置にある.朝日が射す時間には風に揺すられたビワの木の葉がカーテンに映り,さやさやと揺れ動いてしばし時間を忘れることもある.北関東の私の田舎ではどういう訳か庭...
日本が高齢化、少子化ともに世界一に 国勢調査速報 日本の人口に占める65歳以上の高齢者の割合は21.0%と世界最高になる一方、15歳未満は13.6%で世界最低となり、高齢化・少子化ともに世界で最も進行した国になったことが、総務省が30日付で発表した05...


佐藤優さん(起訴休職中外務事務官)が岩波書店発行の雑誌『世界』に連載した『民族の罠』(2005年07月号??2006年04月号)の最終回から「日本国憲法の擁護」を主張している部分を紹介します。

佐藤さんのこの文章を読んで、私(喜八)はにわかに「護憲」に目覚めました...
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ