晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
 8月9日は、長崎に原爆が投下された日である。
 
 世界で最初に原爆が投下されたのが6日の広島だったためか、長崎のことはやや軽視され
がちになってしまうところがあるように思うが<長崎出身の知人もよくそう言っていた>。
改めて、犠牲者の方々に哀悼の念を...
このところ、忙しさに追われてブログの更新も遅れがちだが、昨日、8月6日は広島に原爆が落とされた日だった。『きっこのブログ』「原爆の日」は実際にあった話がとても生々しくて、戦争の恐ろしさがひしひしと伝わってきた。原
8月6日の暑い朝
広島に原爆は投下されました。

筆者は過去のある時期、広島の街に住んでいた事があります。
この広島は長崎と違い、正に「原爆の街」です。
もし、あの日がなければ、広島は中国地区にある、特に何の特徴も無い平凡な地方都市であるは...




世界一豊かな(はずの)アメリカはこんな国です。

3100万人の国民が飢えている。
4500万人が医療保険に入っていない(国民健康保険制度がない)
国民の8人に1人が貧困レベル以下(2人家族で年収140万円以下)の暮らし振り。
貧困児童数は先進国でもっとも多い1300...
どうやら「731部隊」という禁断のテーマは、アベマンセー一族には"滅びの呪文"のようである
こちらの方がその呪文を唱え始めた途端、ガサゴソガサゴソ苦しみ出した
断末魔の悲鳴をあげつつ抵抗するのに躍起のようだ

61年前、広島に原爆が投下された昨日、NHKスペシャルで「調査報告・劣化ウラン弾〜米軍関係者の告発〜」が放送された。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/060806.htmlより
核廃棄物から作られ、極めて安い値段で退
人体実験で悪名高い731部隊が連合国側の占領軍(一般的には進駐軍と言い換えられていますが、あえて占領軍と書いておきます)を相手に細菌戦を展開する計画を立てていたというニュースが先月の21日に共同通信から報じられました。

細菌戦が“本土で”実際に行われてい...
〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻今の十代はこういう本は読まないのかな?オカルト扱いされている事もあると、先日新聞で読んだけど・・・原爆で大やけどをして上半身の皮膚が垂れ下がって地面につかないように手で抱えて歩くシーン、川のなかに浮かぶ死体の山。やけど...



死んだ女の子 ナームズ・ヒクメット
 扉をたたくのはあたし あなたの胸に響くでしょう小さな声が聞こえるでしょうあたしの姿は見えないの十年前の夏の朝 私は広島で死んだそのまま六つの女の子いつまでたっても六つなのあたしの髪に火がついて 目と手が焼...
「別の側面から見たアラブとアメリカ+イスラエルの対立問題-1」からの続きです。

 山手氏の下記の文章が書かれた頃には、まだ崩壊してなかったソ連ですが、ソ連崩壊後の現在のロシアのプーチン大統領による政治経済の態勢を見ると、西欧的なヒューマニズムによるそれ...
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ