晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
騙されてはいけないと、私は常々書いて来ました。我々国民にとって、騙される究極の形とは、戦争に駆り出されることだと思っています。たとえどんな理由があれ、戦戈を交えてしまったらおしまいなのです。 終戦記念日からはずいぶん日が経ってしまいましたが、話題になっ...
 NHKのクローズアップ現代「相次ぐ民営化トラブル ー揺れる保育現場─」を観た。
 ここのとこ「Nスペ」では評判のいいNHKなのだが、どうも「クローズアップ現代」は、なんとも微妙だなぁ。知識をもってしっかり観ないと駄目だよ、という感じだ。以前の「障害者自立支...
坂東眞砂子なる作家の名前は、「子猫殺し」のエッセーがネットで話題になるまで知らなかった。ホラー作家で直木賞を受賞しているということらしいが、ホラーも直木賞も興味がないし。『死国』という作品名は映画にもなったし記憶にはある。見てないけど。   さて、そのエッ




WEB で見つけた鈴木宗男さん(新党大地代表)関連情報です。

■インタビュー記事


鈴木宗男議員インタビュー【1】
鈴木宗男議員インタビュー【2】
鈴木宗男議員インタビュー【3】
鈴木宗男議員インタビュー【4】


以上、「泉あいの”あい's EYE”」掲載です。
...
 OECD(経済協力開発機構)の報告書によると主要国の中で日本とイタリアは「経済格差」が大きい部類に属すことを示した。
 貧困率(所得が平均の半分以下の人の割合)を見ると、次の順位となる。
          18〜25歳  26〜40歳
  1位:アメリカ  19...
12時過ぎにアップするつもりが他のことにかまけていて、先ほど気がついてこんな時間(午前3時20分です…(涙))にアップするはめになった、「そぞろ日記」のmiyauでございます。珍しくコラムが大方仕上がって、外出(というより友人たちと呑んでいた)し、シンデレラにな...
ポイントはここだと思う。
日本はどのくらいアメリカの言いなりなのだろうかってところ。
関岡英之著「拒否できない日本」・・昨年ちょっとブームになったし、帯に石原慎太郎くんが絶賛とまで書いてくれてる。つまり、お玉が好きくない、テポドンしんちゃんですら、日本...
李鍾元(イ・ジョンウォン)立教大学教授のコラムが昨日(8月22日)のハンギョレ新聞に載っていたので、また(勝手に)翻訳してみました。(ここのところ、翻訳ネタばかりでごまかしているというツッコミはナシよ。)

やっとリアルタイムに読めるまでに追いつきました...
  世間はジョンベネちゃん事件に次いで、早実フィーバー(斉藤投手+タオルハンカチ・
ブーム)に湧き、亀田興毅選手はランバエダ選手との再選が決まった今日この頃・・・。
 ニュースでは、ほとんど政界のことなど取り上げられずに、淡々と日々が過ぎている。
その...
1|23

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ