晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
☆ さらば!安倍さん、お元気で。
安倍首相の突然の辞任で、安倍が目指してきた、「戦後レジームからの脱却」と言う名の、保守反動政治は終焉を迎えたといえるだろう。 安倍の暴走の結果、逆に改憲、軍拡、その他、「安倍的なもの」に対する、国民の不信と反発は強いものが生じ、今後他のものが政権の座につ
07年9月12日・水曜日 安倍首相退陣

 安倍首相が辞任するとテレビの臨時ニュースをやっていた。

 考えると気の毒な首相だ。庶民が見ていると彼は自民党内部から足を引っ張られている感じだ。
 もう、自民党に政権能力はない。
 日本の政界も、政党をガラガラぽんして編
国交省で偽装請負か 地方事務所などを労働局が調査
2006年10月04日06時11分

http://www.asahi.com/national/update/1004/NGY200610030017.html

腐れ官僚は「反省」するだけの知性も無いのです。
これだけ不祥事が〓ith2.net/liB

と、ちょっと変わったタイトルだが、格差社会をいまではだれも否定はしないだろう。そして、「格差の何が悪い」といい放ったのが小泉純一郎だというのも、多くの人が知るところにちがいない。
「格差社会」を論じては第一人者といわれ、日本経済学会会長を務めた橘木...
「教員評価を厳格化」「カリキュラムを見直す」「“徴農”でニート解決」と、なにや
 こんばんは、筑紫哲也です。嘘です。  あれやこれやでちっと立て込んでいて新しい
教育基本法改正案とテロ対策特別措置法改正案とを最優先課題として、今国会で再度取り上げられる組織犯罪処罰法改正案で、実は安倍晋三with先が見えないジミングス(自民愚衆)が必死に創設したがっているあの共謀罪が実は7年前、国連 р
 むかし、昔、ほぼ15年程まえの出来事でございます。数人の中学生とお話する機会がございまして、それならばと「天皇制のヤバサ」を語ってやったわけでございます。今であれば自分の子でもない中学生にそんな話はしないと思いますが、ワタシも若かったこともあって、そう...
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ