晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
kojitakenの日記によると右翼学者として有名な中西輝政が、昨年5月「文芸春秋」に、昨年の検察の小沢秘書逮捕を、戦前ファッショと同じであると書いていたそうである。
その一部を引用させていただく事にしたい。
(引用始め)
中西は、昭和初期には「政治の不在」が「軍部
事態は風雲急を告げてきた。

東京地検は小沢民主党幹事長の元秘書で、民主党衆院議員の石川知裕容疑者ら2人を逮捕した。
今日になって、先の西松建設事件で公判中の大久保被告も再逮捕されている。

逮捕の理由としては、石川容疑者が小沢氏から受け取った、とした4.
民主党がどういう政党か、小沢一郎がどういう政治家か分かっている人にとっては、小沢一郎の元私設秘書石川知裕と、その後任者池田光智の逮捕など「ああやっぱりね」である。それにしても鳩山首相をはじめ民主党の幹部、中堅議員、新人議員達は小沢と「心中」する積もりでで.
 小沢民主党幹事長の秘書や現職衆議院議員を含む元秘書3人が逮捕され、事態は落とし処を見失い、小沢対東京地検どころか民主党政権対検察のガチンコ
  いやぁ〓、昨日からtwitterは、盛り上がるしTHE JOURNALは半炎上状態になるし、とにかく楽しい一日(24時間)であった。
昨夜、小沢氏の秘書であった石川議員の逮捕劇を見せられ、 異状に頭に血が昇った方 も居られたと思うし、又反民主の人間は 久しぶりに元気を取り戻
 今日、twitterに小沢氏の4億円記載に関して、小沢氏からの借り入れと記載をされているとにつぶやきがあった。
正直に言えば記載をされていなくても、「小沢氏がつなぎ融資というかが時貸しをした」のであろうか程度にしか考えてはいなかった。
調べてみたらちゃんと平成17
 準大手ゼネコン西松建設の巨額献金事件に絡み、10日の読売夕刊などで「事情を聞くため」「出頭を求めた」などと 実名入りでリークされた 石川知裕 衆議院議員 であるが、 「聴取はいずれ受けることになる」と取材には答えたようだ!
 これに関し小沢民主党代表は、  「

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ