晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
12月7日にデンマークのコペンハーゲンで始まる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)を目前に、気候変動の研究者たちの私的な文書が大量流出し、地球温暖化に懐疑的な人々の格好の餌食になっている。
流出したのは、研究者たちの個人的な電子メールや文書。
田中宇さんの地球温暖化をめぐる歪曲と暗闘によると、
英国のイーストアングリア大学にある「気候研究所」(CRU)のサーバーがハッキングされ、1000通以上の電子メールや、プログラムのスクリプトなど電子文書類が、何者かによってネット上に公開された。その公開され
 地球温暖化CO2説に関しては、自身疑問に感じて、本ブログでも主要テ〓マとして記事にしてきましたが、
  鞆の浦のある福山は広島県ながら、岡山の仕事とセットでよく出かけた。
呑ん兵衛おやじの 大伴旅人 は、この鞆の浦を次のように詠んでいる。
「鞆の浦の礒のむろの木見むごとに相見し妹は忘らえめやも」
「礒の上に根延ふむろの木見し人をいづらと問はば語り告げむか」

   ||| 日本の国政のパラダイムシフト |||
 極右・極左の危険性を斬る。 ニュートラルな日本へのパラダイムシフト
 ヒットラーは社会主義者か?右翼か? 巧妙な全体主義が国民を騙す過程

秀でたブログというものは、概してそのコメント欄もすぐれて面白い。
 天台宗空也派の祖にして醍醐天皇を父親に持つとされる、空也上人の言葉に 「 山川の末に流るる橡殻も 身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ」 というものがある。
本来は、仏の悟りを得る機縁、成仏の機会としての解釈なのだが、一般社会では窮地から脱し、そして安泰を得るほう
  二階経産相が、民主党の2020年までの温室ガス25%削減の提言を、「願望ではすまない」とこき下ろしたようだ。
単純に考えて、経済産業省と環境省の綱引きに見える。
各新聞社もこの論調なのだが、まぁ〓一番騒がしく書いているのが産経のようだ。次に東京新聞あたりの記
なんで屋@船長です。ジョージ・ソロス氏が動き始めたと思われる記事を見つけたので、引用します。
 
 [ニューヨーク 11日 ロイター]米著名投資家ジョージ・ソロス氏は11日、政府による景気刺激策により米経済は既に底入れし、第3・四半期にプラス成長.

ニューズウィーク、2009年01月14日号の見出し 「08年に見逃された十大ニュース」

08年に見逃された十大ニュース 科学分野で危ないイメージ先行

 
液晶テレビや半導体の製造で使われ、強力な温室効果がある気体の「三フッ化窒素」が、従来推定されていた量の3倍以
1|234

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ