晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
国民投票法案が数に物をいわせて可決されようとしている。


「最低投票率の定めがない」
「最低投票率の定めがないと2割以下の国民の賛成でも憲法が変わってしまう」
「公務員・教員の発言が制限される」
「表現の自由をおびやかす」
「公共の電波を使った有料広告を制限する定めがない」
「主権者の判断をゆがめる恐れも」
 しかし、すごいなぁ。またしても強行採決だよ。なんでもありだな、壷は。
 あと何回、前の選挙の遺産で「強行」を使用すれば気が済むのだろう。「期間中何度でもご使用になれます」って安っぽいクーポン券じゃないんだから。ここで使わにゃ損とばかりに使いたい放題され
 本日は私が関与しているイベント開催のご案内をいたします。

(1)憲法フェスティバル(5月19日・土曜日)
 恒例となりました憲法フェスティバル。今年で21回目を迎えました。国民投票法が5月3日憲法記念日前にも成立しようとする中、改めて日本国憲法のよさ
前説:タイトルを二通り考えた。上記採用のものと、も一つ「共産党アレルギーの慎太郎クンには共産党責めだった!?」である。慎太郎クンは大の共産党嫌いである。病的なほどの反共主義者である。「共産党」と口に出すのもおぞましい、虫酸が走ると思っているに違いない。も
とりあえず昨日の不愉快な出来事を記録しておこう。
在日米軍再編への協力度合いに応じて地方自治体に交付金を支給する事を柱とした米軍再編推進法案が可決、そして国民投票法案は与党の目論見通りに採決されてしまった。
国民投票法

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ