晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
今まで臓器移植については以下のように何回も記事にしてきた。臓器移植とロッテ子どもの臓器移植を考える臓器移植まであと一歩!臓器移植の年齢制限臓器移植法改正案しかし日本国内で議論が進んでいるようには思えない。今問題となっているのは臓器移植の年齢制限。15歳...
いよいよ明日は日本人の運命が決まるかも知れない、そんな日になってしまいました。<strong><a href="http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20060427/20060427_003.shtml" target="_b...
一昨年の秋に、とある講座を受けたことがある。今日はその講座のことについて書いてみたい。講座の名称と目的は後で書きます。 自己紹介 その講座には20人足らずの人が集まっていただろうか。まずは型通り講師の自己紹介があり、その日の講座の内容と目的についての講師の
神達彩花ちゃんの訃報が入ってきた。これにより「我が国でも乳幼児に対する臓器移植の整備を!」と言う声が高まる事だろうが、筆者はこれに懸念を表明する。
 ものすごいショックなものを見てしまいました。
 お昼休みになったので、国会もお休みかな、と思いながら、衆議院TVをのぞいてみると、厚生労働委員会で、社民党の阿部知子さんが、必死に医療保険の未納者の数字について大臣や首相を追及していました。でも、持ち時...
とりあえず16日の強行採決は見送られたらしい。NHKの朝にニュースで「共謀罪修正 与野党の調整続く」と出たときには、ホッした。けれどまだまだ安心は出来ない。組織犯罪処罰法を廃案にし、このような悪法を作ろうとする者たちが政治の場からいなくなるまで、安心でき
 今、権力は、その力を拡大しようと躍起ですよ。二級市民、三級市民を作ることで支配の体制を完成しようとしている。
 今まで、他人事だ、「やくざ」の話だ、朝鮮人の話だと思っていたことが、今度は「日本人」にも降りかかってくる時代になったんです。
 とんでもない...
GWも終わり1週間が経とうとしています。 連休中にもあちらこちらで殺人やら何やら、物騒な事件が起きて連日報道されていましたね。 特に平塚で5人の遺体が発見された事件は、ニュースを見るたびに暗く悲しい、そして何ともいえない鬱屈した気持ちにさせられます。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ