起承転結 文章構成 因果関係 助動詞とは 意味から解説しています 正解だけ ずっと考えていても それだけ見ていても わからない部分を見出してもらえるように 全然 関係のない文章を入れています そうした文章を見ながら 意味についてから初めて 起承転結 文章構成 因果関係がよくわからない文章を見て 間違いを理解してください そして そうした学習によって 生み出した結果を 当方に出してもらえたら 報酬を渡せる制度も考えています
基礎講座 下線をクリックしていただきますと 基礎の講座の項目へいきます

0・文章構成 起承転結とは何 その意味

1.基本の基本 文章の書き方 起承転結とは その意味を解説

2.基本の基本 文章の書き方 一文の構成 文章構成 起承転結も含む

3.起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと  これも文章構成かも

4、起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと2因果関係編

5,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因 (他人の因果関係を崩壊させるもの)

6,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因を防ぐために (他人の因果関係を崩壊させるもの)

7.無理やり推測してもらうためには 起承転結のミス  因果関係のミスのカバー





2013/6/23 | 投稿者: fyi0007


起承転結 因果関係のミスなどを補完する=無理やり推測させることです
その方法の例です。

ひとつの提案ですが

書いている時の状況をきっちり指し示すことです。

例えば 10万円しかない 金がない 
    ^^^^^^^^^^^^^
今すぐ 僕はイタ飯屋を開業するために、 どうしたらよいか悩んでいます
金を借りるしかないか・・・・・

^^^^^^が10万円だから 金を借りるしかないか・・・という思考は理解される

今すぐ 僕はイタ飯屋を開業するために、 どうしたらよいか悩んでいます。
金を借りるしかないか・・・・・

ここに 10万円しかない 金がない がなければ、イタ飯売りたければ、簡単に金を借りずに
普通の人はそんなことを考えるなら、100万円くらい持っている人だろうと推測して、
屋台からするべき という具合になっていく

ここでは 10万円しかない 金がない。このことが提示されているため
    ^^^^^^^^^^^^^
屋台からするべきという意見はなくなる。

10万円では屋台が無理だからです。

こうした人には 働いて貯金しよう とか別の意見が出る

そうした 話題の内容を推測させるのが、 背景になります。















2009/7/17 | 投稿者: fyi0007











5,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因 (他人の因果関係を崩壊させるもの)

読み手の因果関係を崩壊させる要因について書きます。

いろんなことで検証したのですが、自分にとって 当たり前
でも 他人にとっては全く意味がわからないことがあります。

順番だった論理のことだったら
他人は全くわかりません。

こうしたことが読み手にとって、意味不明な文章になる要因だと考えられます。

他人に色々と話して、結果 ?と感じさせたことは そうした論理がほとんどでした。

例 携帯電話をとって 電話をする。

皆が携帯を知っているから、これだけで意味が通じます。

でも 携帯電話で電話をする概念 とか 
電話をするプロセスがわからない人にとっては?になります。
例えば
全く知らない人には 携帯電話の役割や電話をする行為を教えないといけませんし、
電話のかけ方も教えないといけないなどがあります。

ここまでの例えばーーーの部分に当たる説明を忘れて、
他人から?となってしまうことがあります。



そうならないようにしないといけません。

次ではそのために意識すべきコツについて述べます
















2009/7/9 | 投稿者: fyi0007


一文一文の因果関係を抑えて 文章を書くこと
明確になります
例 おもにこれだけでいいかもしれません
  仮説→仮説に導き出された行動
  公式 仮にーーーーーならば、ーーーーが成り立ちます
                    ^^^^^
→ここは状況によって変化
  原因→結果
  出来事→出来事に基づいた行動

  何かができるようになった→何かが出来るようになったからこそした行動
  →この3つは ーーーーが起こりました。
  その結果(そうしたことが出来た結果) 
  ☆☆☆ができるようになりました。
      ^^^^^^^^^^^^
  →ここは状況によって変化のように表します。
  考察→理由
  ーーーーーということが考えられる。その理由は☆☆☆
 
ほとんどの因果関係は何かが成り立つから、新しいことができる
その関係を指し示したものです。

お金がある よって 投資ができる

投資するにはお金がいる 
→ その条件であるお金がある という状況を説明する必要があったとします。
実際に説明した結果が文章には出てきます。
そうしたことを説明した結果、生じる関係=因果関係

場合によっては なんでこんなことが起こるんだろう 意味がわからないとなります。















2009/6/27 | 投稿者: fyi0007






言いたいこと テーマはひとつにして
文章を書く事です。

脱線するときには 関連とか
コラムとか 違う話とか という具合にしっかり示すこと

また 時系列を抑えることができれば良いです。
読者の頭が順序立てて、考えれるようにわざと 時計の時間を入れるのも効果的かもしれません。
但し、やりすぎるうざい感じになります。

コラム こうしたことも起承転結を作る文章の上では必要かもしれません。
=前にした動作を入れること=

例 睡眠の我慢という行動が人生を変えていった気がします。 
変えた人生は幸せと感じれるものでした。

こんな感じです。














2009/5/10 | 投稿者: fyi0007




助動詞とは その意味を開設します
能動態 ーーする
受動態 ーーされる ーーられるで構成されています
その使い方の例です
ーーだ ーーです ーーらしいも 助動詞ですが
今回は 能動態 受動態という 文章の分かりやすさを左右するものを
ピックアップします
基本の基本 文章の書き方 一文の構成 文章構成 起承転結も含むについて
構成1 
主語   目的語  述語 動詞
ーーは  −−を  する
例 ぽちは公園の遊び場を歩いている
構成2
ーーが  −−に  ーーさせる
          −−られる
例 みかちゃんがポチに吼えられる
  とか
  みかちゃんがぽちにお座りさせる

というぐあいです

構成1は 主体者が実際に実施するので 能動
構成2は 主体者が第三者に何かをさせる 受動

という概念で呼ばれています。

こうした要素を組み合わせて 校正した結果 起承転結になれば、
そうした文章は起承転結のしっかりした文章とみなされます。



ねじが合わないから 組みあがらない そうってしまっています。
起承転結のない文章は起承転結を理解できないから、
起承転結がない文章が作られた。それだけが原因とは一概に言えません。

なぜなら 構成する単文字体が破綻しているからかもしれないからです。

















続きを読む




AutoPage最新お知らせ