2008/12/14

アルケミスト  音楽

パウロ・コエーリョの小説「アルケミスト」から命名された、井尻慶太(ピアノ)、こんやしょうたろう(ボーカル)のアルケミストライブを聞きに行った。2回のアンコール後、会場から、三つ出された言葉、「金魚」「生きる」「子守り唄」に即興で歌をつくり、二人で演奏したのには、感動。音楽の持つメッセージ性が、遺憾なく発揮されていた。招待してくださった、城ホールの方々に感謝。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ