2009/1/30

ありふれた奇跡  テレビ

加奈(仲間由紀恵)に、家が見たいと言われた翔太(加瀬亮)は、彼女を、日曜日に家に招く、かしこまった重夫(風間杜夫)と、四郎(井川比佐志)が加奈をもてなす。数日後、静江(八千草薫)は、桂(戸田恵子)に、加奈の机の中から持って来たという写真を見せる。それは、加奈が翔太の家の前で4人で撮った写真だった。桂から、その写真を見せられた朋也(岸部一徳)は、動揺する、重夫とどこかで知り合っていたようだ。桂は、人形作りの恩師と浮気していたようだし、朋也と重夫も、何かよからぬ趣味を持っている様、加奈は、海外で、辛い目にあったようだ。今後の展開を物語の所々に挟む、山田太一の脚本が面白く、グングン興味が、引っ張られてゆく。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ