2009/3/30

横溝正史  

マイ・ベスト・ミステリーY(文春文庫)に収録されている、横溝正史の昭和21年の作品「神楽太夫」を読んだ。後の「本陣殺人事件」の下書きのような小品だが、じわじわと怖さが伝わって来る。ありそうにないことを、いかにもにもありそうに書く手法は、谷崎潤一郎から学んだと、彼は結んでいる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ