2009/4/6

なぞの飛行物体  ニュース

明らかに、ミサイルなのに、衛星だという、領空侵犯という言葉は、どこにいったのだろう。自分の国に向かって飛んできたら、どこの国だって騒ぐだろうに。21世紀も、核の危険は、避けられないのか。地球全体のことを考えねばならない時なのに、ミツバチがいなくなっているって、「ハプニング」という映画を連想させる。なにか不気味な、予感。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ