2010/4/18

ネオ平城京  演劇

もいち堂で、6月末に行われる演劇祭を、盛り上げるため、@1300年前の奈良「女の都」、A100年前の奈良「吉野のバラ」、B今の奈良「四面阿修羅」、C100年後の奈良「遷都1400年祭」という4つの劇のダイジェスト版も、同時に発表することになった。本番は9月の、草芝居リーグだが、「な・LIVE」ワークショップでの、各班に分かれた劇作りに熱がこもって来た。私は、4番目の未来の奈良を選んだが、ミュージカル仕立てにすることが条件となっているため「ネオ平城京」のイメージが、音で表現しにくく、試行錯誤。観客に伝えるということが、どれほど難しいかを実感している。カチンコヘッドフォン'_';
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ