2010/6/18

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群  テレビ

ABCのテレビドラマ「同窓会〜ラブ・アゲイン症候群」が、昨夜最終回を迎え、大久保(三上博史)が、皆にこれでよかったのかを問いながら死んでいった。主人公の、黒木瞳、高橋克典よりも、斉藤由貴演じる陽子の方が、光っていた。最後の黒い涙には、もう少し配慮が必要なように思ったが、45歳の心情が、良く伝わってくるドラマだった。引き続き見た、フジテレビの「素直になれなくて」では、リンダ(玉山鉄二)が死んだ。こちらも来週最終回を迎える人気ドラマ、瑛太は、ジェジュンから、上野樹理を奪うことがことができるのか、思わせぶりなラストシーンだった。あとは、NHKのサラリーマンNEOを見て、バカ笑い、木曜日の夜は、楽しく更けていった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ